有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2006年09月28日

ラスト・エフエム日本版登場

「こんな感じのバンド他に無いかな?」とか「こんな曲が好きなんだけれど似たような曲調の曲はどうやって探すのかな?」とか、そんな欲求は少なからずあったと思う。僕の場合も自分で音楽をやっていた事もあり、特に洋楽を中心に聴くようになってからは幅も増え、一体全体何から聴いたらいいのか?CDを買うにしてもハズレを引きたくは無いし、CDを借りるにしても洋楽のレンタルはリリースから1年遅れだし…みたいなジレンマと戦って、結局は人の薦める音楽を聴いたり、雑誌のレビューを参考にしてみたり…それでも自分の求めている音楽を合理的且つスピーディに探せるとは限らなかった。

ラスト・エフエム

そんな中でWeb2.0時代の音楽情報を共有できるサービスがイギリスで開始。難点と言えばサーバからダウンロードしたアプリケーションをパソコンにインストールする必要がある事か。この辺りは何でもかんでもブラウザ上だけでできる時代になってきているのに退化した感があるが止むを得ない。ログオンしてみたのだが、全体的にもっさり感が漂っている。これはイギリスのサービスとサーバが同じからかな?エキサイト(日本)との契約で日本向けのサービスを展開しては居るのだが、データベースは日英(或いは全世界)共有のようで、データの転送に時間がかかる。データ転送が遅い事を除くのであれば、世界規模で同じデータベースを用い、お互いの情報を共有できるとなると、いよいよWeb3.0的(言葉の壁が取り除かれればだが…)。しかし遅いのは否なめない。開発用のCPU2枚差しPentium4 3.6Ghzのパソコンをもってしても画面のレンダリングに時間がかかる。

ライブプラズマ

似たようなサービスに「ライブプラズマ」がある。こちらはやはりユーザの好みの情報を入力し、他のユーザのそれと比較してみて、フラッシュを使用してグラフィカルに表示される。こちらはアメリカ産のサービスであって、洋楽好きな人にお薦め。そして画面表示を重いと感じた事は今の所無い。


いずれにしても世界規模で音楽の情報が共有できる時代になった。自分の好みから知らないドイツ人が「まだノルウェーでデビューしたばかりなんだけれど、このバンド好みかもよ?」なんて情報をくれる日もあるのだろうと思うと、情報格差がある一部の国と地域を除いては、インターネットの本当の面白さを体験できる時代が来たのかもしれない。
posted by 流石 at 18:19 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | WEB and プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

副大臣決定。馳先生は…

…馳先生いないし。やはり8.27両国大会での森元首相への非礼が…orz



仕方が無いからグローバル・レスリング連盟(GPWA)に積極的に関わって下さい。…って、やはり金沢市長選に出馬なのかなあ?プロレスファンとしては国政に関わって欲しいな。


衆議院議員 馳浩の赤じゅうたん雑記
posted by 流石 at 23:28 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | プロレス・格闘技ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバル・レスリング連盟主催興行日程発表

ZERO1-MAXオフィシャルブログに第1回GPWA主催興行の日程が出ていましたので引用。


第1回GPWA主催興行「Realize」のお知らせ

第1回GPWA主催興行
「Realize」

主催:グローバル・レスリング連盟
開催日:平成18年11月14日(火)
場所:後楽園ホール
時間:17:30開場 18:30開始
座種・料金:S席5000円、A席3000円
問合せ:FOS内事務局 03-5730-3966
TV:G+で生放送、後日、日本TVにて中継

■チケットは…
●10月1日(日)〜5日(木) イープラス先行発売受付
 http://eplus.jp/gpwa/ (パソコン&携帯)
●10月15日(日)一般発売開始(ぴあ・等GP、プロレスショップ)


BLOG@ZERO1-MAX
posted by 流石 at 22:45 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | プロレス・格闘技ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛読誌最後の日。

5年程愛読していた週刊ファイトが26日(火)の発行をもって休刊となりました。今の所復刊の目処は無しらしいです。猪木が「俺が買い取ろうか?」なんて話もあるとか無いとからしいんですが、彼の話は話半分ならぬ話2割程度に聞いておいた方がいいんで、猪木買取の話は無しでしょう。

「週刊アントニオ猪木」と言われていて新日本に肩入れした報道姿勢を維持するのであれば、いっその事親会社ユークス(本社も同じ大阪)の出版部門として買い取れないか…?とは思ったりもするのですが、こちらも株価が低迷中。んじゃIPOを目標に掲げた大阪プロレスか(笑)

レスラーや団体には嫌われるような辛口のコメントが多数載った週刊ファイトだが、休刊ともなると皆が「寂しいねぇ」と声をかけてくれるそうで。

Fight野郎

そして最終号となったトップの見出しは『猪木死すともプロレスは死せず』。いや、死んだのはあんた(ファイト)やんけ…と突っ込みを入れてしまった。同僚の社員なんぞはファイトの表紙を見て「猪木死んだの!?」と慌てた(笑)。岡田真澄だの丹波哲郎だのの昭和の香りを醸しだす名優が亡くなる苦昨今、猪木が亡くなっても全然不思議ではない。既に死に体ではあるかもしれないがまだ生きてますよ(苦笑)。

プロレスとは底が丸見えの底無し沼である

週刊ファイトの初代編集長である井上氏の名言です。
posted by 流石 at 14:51 | 東京 ☔ | TrackBack(0) | プロレス・格闘技ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

彼の評判なのだが

タイガーマスクを知らずにこの記事を読んだ人に是非とも見て欲しい。

4代目タイガーマスクは”勧善懲悪”を目指す…っつーか、タイガーの中の人の評判は悪い。何が悪いかって性格が悪いらしい。ファンに対する態度が横柄と言う話も結構聞く。プロレスも上手いとは言えない。どっちかって言うとこの人が”悪”って感じらしいんだけれど。

現地で会場で度々観戦する僕がこれだけは確実と言いきれるのは「プロレスが下手」「人気は皆無に等しい」と言う事だ。
posted by 流石 at 17:49 | 東京 🌁 | TrackBack(0) | プロレス・格闘技ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。