有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2007年06月28日

18節は金曜開催

第18節、後半第1戦目対HondaFC戦は金曜のホーム開催です。

思えば第1節、JFL第1戦目で昨年度JFL王者のHondaFC戦をドキドキしながら迎えたもので、早くも半分の日程を消化しました。地域リーグから昇格してきたFC岐阜がJFLでどこまでやれるのか?他のJを目指すライバルはどのくらい強いのか?門番と言われる企業チームはどんな底力を持っているのか?。なんとか半分の日程を終えて3位と言うポジションはなかなかの好成績だと思います。

HondaFCも当然ながらリベンジを狙っているでしょうし、何よりもスタートダッシュで躓きはしたものの盛り返して来ている状況。元来力のあるチームですから油断はできません。

昨日のエントリにも書いた通りIGF旗揚げ戦の結果(ってゆーか内容?)も気になる所ですが、こちらも気になる・・・(笑)。願わくば7月15日の久しぶりの関東開催の試合までは負け無しで来て欲しいところです。


■明日と言う一日
HeartRails Graph
posted by 流石 at 23:46 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりにプロレスを語る

・・・ただし、真面目に語るのがバカバカしくなってくると思うのでべつやくメソッドだけで。


HeartRails Graph

HeartRails Graph

HeartRails Graph

HeartRails Graph

わかる人だけわかればいいと思います。
posted by 流石 at 00:02 | TrackBack(0) | プロレス・格闘技ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

ぼんやり前半総括

さすがはJFL。地域リーグとはレベルが違うなあ・・・と。地域リーグの場合、勝てるチームと勝てないチームがそれなりにはっきりしていて、白星配給係になってしまうチームが居るのに対し、JFLはどこが勝ってもどこが負けても不思議で無い。昨年、静岡FCとの対戦をハラハラしていたように、毎試合毎試合がハラハラできる。日本のトップリーグでは無くてJFLと言うアマチュア最高峰が好きな人の気持ちがわかってきた気がする。

ところで昨年末FC岐阜に入れ替え戦で敗れてKyuリーグ(九州リーグ)へ降格したホンダロック。現在は地域リーグでトップ争いを演じている。だから決して弱くは無かった。あの時は後半終了間際にV長崎を破った勢いが岐阜に残っていて、その流れで入れ替え戦を勝ち抜けた。

前半17試合を終えて11勝3敗3分で勝ち点36。もちろん後半もこのペースを維持できれば4位以内は堅いだろうし、優勝さえも見えてくる。しかし昨年のロッソ熊本のように失速してしまい、昇格圏外へ出て行くケースも。2巡目ともなると少なからず攻略法を考えてくるだろうし。だから2巡目に入るにあたって松永コーチが新監督に就任して、攻撃に自分の色を出してくる事ができれば、それはそれでプラス作用に働くんじゃないの?と思いたい。
posted by 流石 at 02:02 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エース覚醒 - JFL第17節 FC岐阜4-2ガイナーレ鳥取 -

すったもんだの後に嬉しい大量得点での勝利。
6/23 19:00 JFL 第17節
長良川陸上競技場
○FC岐阜 4-2 ガイナーレ鳥取

戸塚監督解任劇後の大事な一戦でJリーグ準加盟同士の「緑」ダービー。エースの覚醒で4-2と勝ったものの「ディフェンスは大丈夫か?」と言う声もちらほら。今までの堅牢な守備が嘘のように最近3試合で6失点。本格的な夏場が到来し、一層集中力の欠如が増える前にきっちりと修正が必要。

とは言いながらも今回の4-2と言うスコアは久しぶりに4,878人も入ったサポーターとライトなファンには良かったのではないか?と。スコアレスドローもざらのサッカーの試合だから、ポンポンっと点が入った方がライト層にはわかりやすい。「こんな感じで点が入って騒げるのならまたスタジアム来よう」って思ってくれた人が居れば幸い。初ナイターでもあったし、涼みながらメーンスタンド・バックスタンドからじっくり観戦なんてのも悪くないでしょうし。

結果的に勝ったから言える事だけれど。今節の勝利、色々とあった(※)ようだけれど素直に喜んでも良いと思う。


※色々とあった
・試合終了間際に岩田選手が退場処分、次節出場停止。
・ジョルジーニョのスタメン落ち。
・フリーでシュート打たせて失点。
・Bチームから今期初昇格の松江選手、いきなり得点。

posted by 流石 at 01:39 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

よそはよそ、うちはうち-FC岐阜突然の監督解任劇-

よそはよそ、うちはうち。

子供の頃に一度は耳にしたであろう人類の知恵の結集と言っても過言ではない名言。今回の突然の監督解任劇に対して直感的に思った言葉である。

現在は名門チーム(J1)の監督で不可解な采配とダジャレを連発する某監督は、その就任が噂された途端にフロント宛にクレームのメールが何百通も届いたと言う。結局、その人は監督になったわけだが、就任程なくして成績の低迷を理由に引責辞任しそうになったが、悪運強く、現在も監督業を継続中。
そしてそのライバルチームであった元祖緑のチーム(J2)の髭もじゃ監督は連敗を繰り返しても誰に責任転嫁して口汚く罵っても、サポーターはともかくフロントからはお咎めひとつうけない。

まあ「最悪でも降格は無いやろ…」的なところで「何が何でも今年昇格」ってな目標を立てている一地方のチームとは違うのだろうけれど。

戸塚監督と言う人に直接接したわけではないのだけれど、人格者で理論派、そしてチョイ悪オヤジのイメージがあった。どこかのバーでひとりで飲んでいるのを見つけたら『ご馳走させてください』ってな感じで話しかけたくなる雰囲気。

この人がここまでFC岐阜を作ってきた。今年の成績だけを見ても、なぜに更迭する理由があるのだろうか?今はS級ライセンスなくても結果を出す事が大事なんじゃないだろうか?…かと言ってフロントが恨めしいわけではない。多分、みんな精神的にも資金的にもカツカツ。だから結果が出なくても結果を出す為のプロセスだけでも作らなければいけない。


ところで戸塚さん、取りっぱぐれないですか!?請求書でも領収書でも何でも、事務所宛に送りつけてやってください!!。そして、ありがとうございました!!。次に采配を振るうチームの検討を祈ってます!!近くに来たら飯田橋に寄ってください。旨いホルモン、ご馳走させてください(笑)!岐阜の旨いラーメン屋紹介できなかったのが心残りなんで。


そうそう、栃木SC柱谷新監督に誘われて入閣しても恨みませんし、髭もじゃ監督のところに行っても恨みません。またの活躍、楽しみにしてます!
posted by 流石 at 12:50 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン