有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2007年10月31日

来年の話をすると鬼が笑う

来年の話をすると鬼が笑うと言うが、来週末の話ならいいでしょう!って事でJFL第31節のイベント告知です。FC岐阜の第31節は秋田県にかほ市にてTDKと対戦致します。地方で括ると北東北と言う部類の場所なのですが、FC岐阜関東サポーター有志によって突撃致します。現在メンバーを募集中、ご連絡お待ちしております。

以下、FC岐阜関東サポーターのサイトより抜粋・・・つかコピペ。

--------------------------------------------------------
日時:11月10日(土)13時〜11日23時頃
出発:新宿駅
募集人員:∞(10月31日現在男性4名、女性1名)
日程概要:
10日13:00 新宿駅集合、出発
  21:00 山形県酒田市到着→決起集会
11日09:00 ホテル出発
  11:00 試合会場到着
  13:00 試合開始
  15:00 試合終了。圧倒的勝利。帰京開始。
  23:00 新宿到着。解散。
予算:
宿泊費・交通費・決起集会代で20,000前後を想定
(おやつ代、お土産代、11日夜以外の飲食費は別途ご用意ください)

備考:
・この観戦ツアーは旅行会社が介入するものではありません。割り勘原則のサポ仲間による善意の旅行です。
・新宿集合解散が都合悪い方がいらっしゃいましたらご相談ください。
・宿泊は酒田市内のビジネスホテルを予定しております。
・万が一、同じような日程を組まれていて酒田市内近郊で宿泊される岐阜サポの方いらっしゃいましたら決起集会への飛び入り参加をお待ちしております。
-----------------------------------------------------

※宿泊施設及びレンタカー手配の都合上、11月4日(日)21時をもって募集を締め切ります。
※応募、お問い合わせはmixi内のトピ(http://mixi.jp/view_event.pl?id=24529716& comment_count=6&comm_id=1538198)またはsasuga2000◎yahoo.co.jpまでメールにて。件名に『FC岐阜』をお願いします。◎はアットマーク@に置き換えて下さい。


以下、リンク。

FC岐阜関東サポーター
mixiのコミュニティ-FC岐阜関東サポーター-

一緒に行かれる方、決起集会に参加される方、連絡をお待ちしております。
posted by 流石 at 02:27 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

後ろは詰まってます!

後ろは詰まっています!!
何がかって言うとJ2への階段です。昨年FC岐阜も通った地域リーグ決勝大会の概要が本日発表されました。各チームが地域リーグを戦ったこの一年の成果を出す大舞台です。しかし9つの地域リーグの代表から、わずか2〜3チームしかJFLには昇格できません。JFLからJ2に参入するよりも狭き門がここにはあります。この難関を一発勝負で切り抜けたFC岐阜に感謝します。また日本サッカーのマイナーカテゴリーの構造を知る上で、FC岐阜の歩んできた道を共に出来た事を感謝します。

さて話は戻って地域リーグ決勝大会の概要を記載します。
グループA(開催地:広島県広島市)
グルージャ盛岡(東北1位)、ファジアーノ岡山(中国1位)、ホンダロック(九州2位)

グループB(開催地:広島県広島市)
矢崎バレンテ(東海2位)、 ニューウェーブ北九州(九州1位)、NECトーキン(東北2位)

グループC(開催地:愛知県刈谷市)
町田ゼルビア(関東1位)、バンディオンセ神戸(近畿1位)、静岡FC(東海1位)、ノルブリッツ北海道(北海道1位)

グループD(開催地:長野県松本市)
セントラル中国(中国2位)、松本山雅(北信越1位)、徳島ヴォルティスアマチュア(四国1位)、FCMi-Oびわこ草津(全社優勝)

昨年までと同様、各グループ総当りで11月23日(祝)〜25日(日)で予選ラウンドが開催され、各グループ1位が11月30日(金)〜12月2日(日)の決勝ラウンドに進みます。決勝ラウンドは埼玉県熊谷市。決勝ラウンド最終日の12月2日(日)はFC岐阜の最終節であるアルテ高崎戦が100Kmと離れていない群馬県高崎市で行われるので、金曜または土曜からサッカー三昧なんてのはいかがでしょうか?私も土曜から熊谷に入ってどこかに宿泊し、その足で高崎直行の予定を組んでいます。

ご存知のように決勝ラウンドに進んだチームで成績順に来年度のJFL昇格が決まっていきます。当初は上位2チームが自動昇格、3位が入れ替え戦を行う予定でしたが、周知の通りアローズ北陸とYKK.APが富山県からJを目指すクラブチームとして再編成されての合併が決まっている為、またロッソ熊本がJ2参入濃厚な為、そしてFC岐阜にもJ2参入の十分な可能性が残されており、数字的には栃木SCにも可能性が残っているため、この辺のJFL昇格条件はゆれそうです。

注目すべきチームはFC岐阜元監督の戸塚哲也氏が率いるFCMi-Oびわこ草津。他のチームに比べると見劣りするかと思いきや、試合開催までの1ヶ月弱の間に高い分析力を生かした戸塚采配がこの大会を荒れさせるのでは無いか?と思います。またグループAには昨年に入れ替え戦の枠を争ったファジアーノ岡山とその入れ替え戦の結果地域リーグに降格したホンダロック。グループCには将来のJ入りを目指すチームが4つ集結してしまい、死のグループが形成されました。グループBからは本命ニューウェーブ北九州を破って企業チームが上がってきそうな気がします。

各グループの勝者同士の試合を僕は熊谷で直接見る事になると思うのですが、どこが勝ち上がってくるか・・・と言う邪推は今は止めておきます。こんなにたくさんのチームがJ入りを目指しているんだから、後ろは一杯一杯につっかえているわけです。だからFC岐阜は今年J2入りを決めないと!
posted by 流石 at 02:13 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

救世主、相川進也

僕がもし岐阜に住んでいてこの状況を迎えたら、残り6試合全て応援に訪れる事ができただろうか?東京の片隅でネットの速報にドキドキハラハラしながら試合経過を見るのがとても心臓に悪い。

2007.10.28
JFL第29節@美作(みまさか)
三菱水島FC2-3FC岐阜

得点は北村、和正、相川。和正と相川は2戦連発。コンサドーレ札幌から相川が加入後のリーグ戦は2勝1分、相川本人も2得点1アシスト。くしくも昨年の救世主池元(現在柏)と同じ背番号32を背負って池元を彷彿とさせる大活躍。岡山一成じゃないけれど、岐阜に家買っちゃえ(笑)!



試合内容は岐阜先制→同点→逆転→同点→再逆転と言うシーソーゲーム。本日は右サイドバック李に変えて中尾が先発、サイドの修正を図ったのはやはり監督コーチ陣も気になっていたからだろうか?失点は岐阜の右サイドでルーズボールになったボールを追いかけずにフリーで折り返された所と岐阜の左サイドを突破されたところかららしい。2点目は左サイドを突破されたっぽい。右サイドだけじゃなくて左サイドにも補修テープを張っておいてくださいorz
右サイドバックと言えばかつての日本代表を支え続けてチャンスと見ればFW追い越していくあの人。昨年末にJ1チームを解雇され、古巣に移籍も今夏に契約満了で解雇されたあの名選手。その後の行方が不明なのですがそこまで衰えてしまったんだろうか。岐阜のウィークポイントを補ってくれないだろうか?

この一年を考えると当初の思惑通りに選手が使えなかった中、戸塚前監督を中心にディフェンスがギフナチオを形成して粘り腰で勝ってきた前半。後半の松永体制はベテラン陣の故障などもあってディフェンスライン崩壊も、故障明けの高木和正と大友慧のフィットによって両サイドからのドリブル突破が機能し、相川進也の加入によって花が開いた形。それに触発されたスーパーサブ的な和多田の活躍にも注目してあげてください。得点こそ無いもののアシストやゴールのきっかけになるシュートを打ってますんで。・・・って、ぉぃ、エースはどうした!?助っ人外国人どうした!?って話になりますが、その辺はシーズン終わってから攻めましょう(苦笑)。この先の大一番で何かやってくれると期待して。

このエントリを書いている間に嬉しい誤算、上位を争うライバルのアローズ北陸がソニー仙台に敗北。この結果を受けてFC岐阜はJ参入条件を満たす4位に2週間で再浮上!しかし今は順位の事より目の前の試合をひとつひとつ勝って行く事が大事。今節の結果でアルテ高崎の順位が18位と確定、次節のロッソ熊本の試合結果次第では11月3日に佐川急便SCのリーグ優勝が決まる。一年積み上げてきた結果がどんどん数字となって決まっていく。あと5戦、選手・フロント・サポーター皆で力合わせて戦いましょう!
posted by 流石 at 16:15 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

TextFormationsの紹介

誰でも簡単にサッカーのフォーメーション図が作れるTextFormationsの紹介です。たびたびこのブログでも使わせていただいております。

このツールとの出会うきっかけは、僕自身が同じようなサービスを作成しようかと考えていたからです。類似サービスが無いか検索した結果、このサービスに出会ってしまい、試合毎にFC岐阜のフォーメーションを追加しております。僕の作ったフォーメーションの公開ページなんてのもありますので見てやって下さい。

作者はサッカー好きなSEさんのようで、ジェフリザーブズ戦のレビューで使用したマッチレポートのツール等も公開されています。次に作って欲しいのは選手に対する採点ツールですねw5.5とか7.0とかの10点満点で作者が採点でき、フォーメーション図の上に点数が出たりしたら最高です。作ってくださいw
posted by 流石 at 02:22 | TrackBack(0) | WEB and プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフリザーブズvsFC岐阜観戦記

img059.jpg
20日、仕事の為休日出勤&徹夜。
21日早朝、岐阜から試合観戦にひとりでやってきた岐阜サポを会社の最寄駅まで迎えに行き、会社のソファで休ませてあげつつさらに仕事。
21日8時、仕事終えて2人で東京駅へ移動、ベッカーズで朝食をとって集合時間を待つ。
21日10時30分発の長距離バスに乗車、危惧していた定員オーバーは全然余裕でした。首都高湾岸線乗ったあたりで睡魔に襲われ、目が覚めると北海道のようなひろびろとした地域に到着。干潟バスターミナルで下車、そこはもう…な場所。本当に千葉?ってなぐらいに。竜ケ崎の方が全然都会です。岐阜で例えるなら飛騨古川っぽいところ。バスターミナルからコンビニで食糧調達、景気付けの為にポケット瓶購入、ダメ人間ですw
運動公園まで徒歩10分ですが、競技場にたどり着いたのは15分後。札サポの方が前日の福岡戦を見に行き、福岡でお土産を購入、その足で千葉により岐阜サポに福岡土産のお菓子をくださいました。千葉に寄るってどの足?って感じですが、ありがとうございます。
声だしサポは40名くらい?かなり岐阜から来てくれました。台風で順延した龍ヶ崎より多かったですね。とりあえずウイスキー流し込んでガソリン充電w

スタメン、ベンチは僕の予想通り。誰一人外していません。

    片桐 相川
大友         高木
    小島 北村

松田 菊池 深津 李
      日野

海野・斎藤・中尾・佐藤・岩田・和多田・ジョルジ


相川と片桐は縦関係に近い形、ボランチも右上がりな感じでキックオフです。岐阜はサイド攻撃を中心に攻め立てるもシュートまでいけない。シュートを打てばGK正面、ジェフはサイドに張らせてカウンター、松田・李の裏をとる攻撃。やはりシュートまで持ち込んでも枠外かキーパー正面。しかしお互いに単調では無くて熱くなれる試合展開。前半も終わろうかとした43分、大友が左サイド深い位置で2度切り返したのにジェフDFが振り切られ、センタリングを相川が頭で押し込んで先制!!そのまま前半終了、雰囲気もよい感じです。

後半開始直後のコーナーキックのチャンス、大友のクロスに競ってゴール2mこぼれた所を和正が蹴り込んで2点目。理想的な展開も前節の悪夢が頭をよぎるw
後半途中でジェフは3枚チェンジ、攻撃を左サイドに集中した感じ。岐阜は殊勲の相川に変えて和多田を投入。後半43分重なる左サイド攻撃でソンホの集中が途切れ、深い位置での突破を許して折り返されて失点。裏に抜ける相手を気にはしているものの、寄せが甘いのがソンホのネックですな。左からの失点は結構多い。ま、ソンホも高木を追い越して攻め上がったりの攻撃を繰り返していたのでスタミナ切れはやむを得ません。そのソンホに変えて中尾投入、はじめて僕の頭の中と松永采配が一致した瞬間w
そのままお互いに攻め合う中試合終了、感動で涙出ましたわw
試合終了後の挨拶でも選手からも笑みが見られます。ようやく大友高木の両翼に松田ソンホが絡み真ん中で張るFWが存在感を示してセカンドボールを北村が詰める。攻撃の芽は小島が潰して深津菊池がはねかえす。理想的な形になってきました。気配を消している選手が皆無でそれぞれがそれぞれの役割をこなしていました。

実は前半は小島の動きを集中して見ていたのですが、危ない芽をつぎつぎと小島が摘み取っていきます。もともとFWの選手なのに大したもんだなあと。岐阜にはかかせない選手になりました。何年か先に引退してもずっと岐阜に居てください。

スタジアムはたつのこフィールドのようなメーンスタンドだけが妙に作りこまれた形。割と好きです。無駄にトイレの設置数が多い事に感動しましたw
問題は交通アクセス。長距離バスがメーンになるのに帰りのバスは満席。観客数が見込めるのなら運営側で呉越同舟でいいから都内から臨時便を出した方がいいかもしれませんね。

目の前での勝利はゴールデンウィークの栃木戦以来、JFLでの勝利は8月の琉球戦以来。崖っぷちに掛かった片手が両手に変わった瞬間。あとは這い上がるだけです。

2007年JFL第28節@東総
ジェフリザーブズ10-12FC岐阜
1-1
得点:
42分相川
(岐)
50分高木
(岐)
87分金沢
(ジ)
警告:
52分堀川
(ジ)
77分李(岐)


img060.jpg
posted by 流石 at 02:07 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。