有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2007年11月29日

寂しい季節の到来です

ホーム最終戦のセレモニーの時、ちょっと心配していた事。それは退団、引退選手の発表があるんじゃないかって思っていました。もしかしたらこの日にJ2参入が決まっていたらベテラン陣が自ら身をひく発表をしたんじゃないかって。だからアルテ高崎戦に勝利して、次の日の臨時理事会で正式承認が降りたら、何かしら発表があるんだろうなと思っています。選手の入団、退団ネタは全てのチームに共通でこのシーズンの風物詩だから仕方ない。
そして今期ライバルとして戦った栃木SC、ソニー仙台、佐川印刷などからも引退、契約満了に伴う退団の選手が発表されています。そんな中でも目をひいたのが栃木SCの元日本代表FW山下芳輝選手。実はこの選手は高校時代にコジとコンビを組んで高校選手権に出ているのです。




最初に出てくるテロップのメンバーを見るとこの二校からどれだけ代表級を輩出しているかよくわかります。小島-山下が3年生、鹿島アントラーズの本山が1年生。対戦相手にはセルティックの中村俊輔を筆頭に見た事ある名前がずらり。

FC岐阜も選手の補強をする事になるんでしょうが、若くてのびしろのある選手と契約して欲しいですね。元代表級がJ1、J2からもたくさん退団していますが、名前とか代表キャップだけで契約してほしくはないです。戦力として計算できないと。
その点、去年の池元、今年の相川は大当たりです。目に見える効果が出ています。相川はゴリさんが直々にスカウトしに札幌へ飛んだって聞いたけれど、池元もゴリさん案なのかな?それよりも相川は残ってくれるのかな?期間延長でもいいから残って欲しいよな。コンサドーレ札幌はFC岐阜が昇格できたらお祝いに放出してくれないのかな(笑)?

なんて事を仕事中も気になっているわけです。相川選手に限らずこの一年間一緒に戦ったチームは次の試合で最後。少なからず選手は退団し、少なからず新しい選手がやってくる。ちょっと寂しい季節です。
posted by 流石 at 23:54 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三つの希望

ひらっち氏のブログにあるように今日一日駄目リーマンになっていた岐阜サポの一人、流石です(苦笑)。

三つの希望であるHondaFCvs流通経済大学、HondaFCvsTDK SC、アローズ北陸vsジェフリザーブズのうちでどれかは必ず上位陣が取りこぼしを出すとは思っていました。流通経済大学もジェフリザーブズも以前のブログに書いたように「メンバーが揃うと怖い」チームだと思っていましたし、TDK SCはにかほで対戦した時に地力を感じたチームでした。どのチームにも期待はしていましたが、HondaFCが連戦で疲れた12月2日のTDK戦あたりか?或いは時々やらかすアローズ北陸がジェフリザーブズに喰われるか?などと思っておりまして、いきなり最初から好結果が出るとは思っても居ませんでした。三つの試合のうち、一つは下位チームが上位チームを倒すと言う確信、それは最終的に上位下位と言う結果が出たとしても同じような力を持っているから同じカテゴリで戦っているわけであって、必ず上位が勝つと言う保障が無いから一つくらいは叶うだろうと思っていました。

流通経済大学が先制した後は仕事も手につかずひたすらFireFoxに向かって[F5]、[F5]の連射でしたが、大きく期待しても仕方ないと思い、前半終了の13:50には食事に出ようと思っていました。そして前半44分見事に追加点。浮かれ気分で近くの中華料理屋に入り食事を済ませた後、なぜだかこのタイミングで郵便局へ行って後援会の申し込み(笑)。それからATMで持株会の振込み。さらにファミリーマートで高崎戦のチケットを購入。実はドキドキしっぱなしでパソコンの前で冷静を装う事ができず速報が入ってくるサイトを巡回しながらブラウザに見入ってしまう為、わざとのんびりと食事休憩をとったわけです。で、時間的には後半30分前後。1点は返されたかな?2点返されたかな?と思いながら自席に戻ってブラウザを更新した時に4点目のゴールが記録されていました。

この時点でパソコンに向かってガッツポーズをしたわけですが、より詳細な情報をとゴールした選手を見ると・・・武藤選手!。龍ヶ崎でFC岐阜から2点とった武藤選手が2ゴールをあげ、次に更新した瞬間には後半だけでハットトリックを達成!。あの龍ヶ崎でも「彼、一年生なのにいいなあ」なんて思ったわけでブログにも「卒業したら岐阜に・・・」なんて書いた記憶があるわけですが、やはり大物。結局武藤選手の4ゴールを含む6-0で試合が終わり、嬉しくって嬉しくって仕事が手につかなかったわけです(笑)。すぐに吉田選手のブログは更新されたりしてましたし、同じ岐阜サポ駄目リーマンのブログを読み漁ったりしてたわけです(苦笑)。とりあえず武藤選手にはFC岐阜から就職内定出しておきましょう(笑)。

岐阜らしい結末、それはアルテ高崎vsFC岐阜と同時進行で行われている2試合のどちらかの結果が荒れ、FC岐阜の選手がゴール裏に挨拶に来た位に試合終了、ゴール裏から「4位確定したゾ!」なんて声が選手に伝えられるのが最も「らしい」瞬間なのかもしれませんが、そんなドキドキは身が持ちませんから今日決めてくれて良かったのかもしれません。かと言って先にも書いたとおり、同じカテゴリで勝負している以上、同等の力を持っているわけで、相手が最下位でも必ず勝つ保障はありません。

佐川急便SC戦は負けても温かい拍手が贈られましたが、アルテ高崎戦はモノが飛んでもおかしくないでしょう。絶対に勝ちましょう!


そんな浮かれ気分で仕事を進めていたら、夜には天皇杯四回戦である浦和レッズ対愛媛FCが行われていました。その試合ではFC岐阜の高木和正選手の広島時代の同期でもある田中俊也選手が2点とってまさかのジャイアント・キリング!愛媛FC大金星です!田中俊也選手についてwikiで調べてみたら、愛媛のJFL時代に助っ人としてレンタル移籍してきた選手なんですね。そのままJ2参入時に完全移籍。僕らの救世主、相川進也に境遇が似てますね。いや、まだ相川が岐阜に残ると決まったわけでも札幌から契約切られたわけでもないんですが(笑)。ただ、札幌もJ1昇格がかかっている試合を残しており、J1昇格となったらJ1で戦えるだけの戦力を色んなポジションに補強するでしょうから、相川選手の出番が益々減ると言う事は予想され、その境遇を嫌った相川が岐阜に残ってくれる可能性はあると思います。いや、残って欲しい。シーズン後半のMVPは間違いなく相川選手と山中製菓様です(笑)。

さてアルテ高崎戦が行われる会場は決して広い会場ではありません。今日の結果を受けて岐阜から多くのサポーターが歴史的瞬間を見ようといつも以上に乗り込んでくるのでは?と勝手に危惧しておりますが、チケットの販売枚数は限られています。早めの入手をお勧めします。そして岐阜サポだけで2,000人くらい動員してソールドアウト目指しましょう!
takasakiphoto.jpg


P.S 岐阜新聞のFC岐阜番記者ブログでのリアルタイム速報を見ていました。Googleで「番記者 ブログ」で検索すると2番目に表示されていました。今日の大一番でますますSEO的に評価されるのでは?と思います。
posted by 流石 at 02:32 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

FC岐阜にまたしても追い風が吹く

HondaFC 0-6 流通経済大学

FC岐阜も龍ヶ崎でやられた一年生のFW武藤4発を含む6点で快勝!自力4位の可能性復活です!!
posted by 流石 at 14:50 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC岐阜vs佐川急便SC観戦記 そのA祭りのあと

まずは試合に対する感想を少し。

好調な4-4-2のフォーメーションを変更してまで佐川(御給)対策を布いたが結果的には裏目に出た形。中盤より前に対してボールが思うように繋がらない為に良いリズムが作れず。佐川急便SCは深い位置まで押し込まれたり、セットプレイからのディフェンスが脆い事がよくわかったが、ボールを押し込むチャンスをモノにできなかったFC岐阜攻撃陣と冷静に空いているコースに蹴りこめる佐川急便攻撃陣の差が出た格好。佐川急便SCのサッカーを言葉で表すのならば「したたか」で「卒が無い」。

試合終了を告げるホイッスルが鳴るとグローブをグラウンドに叩きつける日野。結果が出ないといつも座り込んでしまう片桐。促されて中央で整列、挨拶を済ませた途端にこの二人は再び座り込んでしまう。サポーターも悔しいがサポーター以上に選手も悔しがっているのが良く分かる。分かるのだが実力を出せないながらもチームの顔としてFC岐阜を応援する子供達の憧れになっている片桐はそこで座り込んではいけない。相手の選手を讃えて労いの握手を交わし、ゴール裏とメーンスタンドのサポーターに挨拶をし、座り込むのは人の見えない所でして欲しい。たまにはへたりこむ事もあるのはわかるが、引き分けたTDK戦でも座りこんでいたぞ?。サポーターに見られていると言うプロ意識が足りないのかもしれない。若い選手には年長の選手が怒って精神面も成長させて欲しい。

全員で連れ立ってゴール裏に挨拶に来てくれた選手、スタッフ。他会場の試合結果を知ったのか知らないのか、深津や相川は遠目でもわかる位大泣きしている。単純にアスリートとして勝てなかった事が悔しいのだと思う。そして6,000人の大サポーターの応援に応えられなかった事。相川はこの試合が契約上はホーム最終戦となる。彼がゴールを決めた後に32番の背番号をゴール裏にアピールした事は来シーズンの札幌復帰が確定していて「俺の事忘れるなよ!」と言っていたのかもしれない。大丈夫、ゴール裏で見ていた人達はチームを立ち直らせるきっかけを作ってくれた相川の事、ずっと忘れない。札幌帰っても出られる見込みが薄いのならこのまま岐阜に残って欲しい。
深津の涙はこのゲームで4枚目のイエローカードを貰った事も起因していると思う。彼は退場と言うペナルティをその後の試合でゴールで返してきた。今度ゴールと言う結果を返せるのは来シーズンになってしまう。

ゴール裏からは選手に対して励ましの言葉ばかり。「前を向けッ!」「涙を見せるなッ!」「まだ終わっていないゾ!」「顔を上げろ!」。強がりでも何でも無く「これでシーズンが終わった」とは到底思えない変な余裕が僕にはあった。自力4位が無くなったと言う現実を受け止めながらも「何とかなるさ」と言う楽観的な受け止め方ができる。それは過去2年の崖っ淵に追いやられても結果を残してきた奇跡の連続。そして今年の運の強さ。だから信じる。信じると言うよりは「絶対に何とかなる!」と言う変な確信がある。僕と同じ気持ちなのかどうなのかわからないが、あれだけたくさんの人が居るゴール裏の緑の集団からは悲観論は皆無に等しかった。
試合後2日経った今も岐阜サポのブログには悲観論は皆無で「信じる」「諦めない」と言う言葉が溢れかえっている。僕らはFC岐阜の魅力に骨抜きにされているね(笑)。


一時置いて今西GM、松永監督、森山選手兼任コーチからの挨拶がメーンスタンドに向かって行われ、Bチームも含めた選手スタッフ一同が場内を一周する。ゴール裏に対して今西GMが深々と頭をさげてくれる。松永監督の顔には自信が漲っている。監督もきっと「何とかなる、結果がついてくる」と確信しているんだと思う。森山選手兼任コーチの顔からは微笑みさえ見える。森山さんが一から作り上げたFC岐阜はやっとここまで来ました。ゴール裏の人間もこんなに増えました。冷たい雨の中で800Kmも自動車を飛ばして試合観戦に行くサッカーバカもたくさん居ます。秋田、鳥取では相手方サポーターにギョッとされる始末。皆、FC岐阜の勝利とJ2参入を信じています。

セレモニー(※メモリアルセンターでセレモニー・・・)も終わり弾幕の片付けをしてJR岐阜駅のバスを待つ。そこで先の片桐淳至の座り込みにオーバーラップする残念な光景を目撃した。FC岐阜のエンブレムが入ったグラウンドコートを着たジュニアユース年代の選手が数名。遅れてやって来た彼らも同じバスを待つ。他にも数名の一般客。
程なくしてバスが来て乗車。その時、未来のエース達は先をこぞってバスに乗りこんでいく。彼らが来る前から待っていた一般客を追い抜かしてどんどん乗って行き、バスの中を好きなように我が物顔で座る。幸いにしてバスは空席が目立ち、競技場前から乗った人は全て着席する余裕があったのだが、もし空席が少なかったら彼らは譲る事ができたのであろうか?若いから席を譲れと言っているのでは無く「FC岐阜」のエンブレムを付けている事、人に見られている事に対して意識を持っていない事が問題。あの中から10年後のFC岐阜のエースが生まれてくるのかもしれないけれど、やはり精神的に幼いエースが出てきてしまうのでは無いか?と少し心配になる。

技術の向上も大事だけれど、精神面の向上、人間性の向上、道徳心の習得もクラブチームで行うべきで、僕が子供の頃に通っていた空手道場だって、野球のスポーツ少年団だって、まずはそういった事の大事さを教えていたと思う。勝負事だから結果がついて来ない事はある。それは仕方が無い事で、ちょっぴりの運と審判に左右されて試合が大荒れになる事があっても、状況を冷静に判断した上で行動がとれる選手になる事が大事なわけで、子供の頃からの小さな事の積み重ねの結果で学ぶべき事である。
こんな事はブログに書くべき事ではないのかもしれないが、僕らの愛すべきクラブの将来のエース達がとった行動に対しては寂しい思いがあり、クラブとしてもまずは礼儀、道徳心を教えなければいけないと思ったのであえて記載。その行動に対して注意する事ができなかった僕も情けない大人だし、次に同じシチュエーションに出会ったのなら、ちゃんと注意できる大人になりたいと思う。20年ばかり先に生まれてしまった大人として、サポーターの一人として。

FC岐阜の未来は岐阜県民の未来。同じ様な場面に出会ったら皆どんどん注意してダイヤの原石を心身ともに磨き上げていきましょう。
posted by 流石 at 01:09 | TrackBack(1) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC岐阜vs佐川急便SC観戦記 その@

今回も数回にわけて書きます。まずは試合前〜試合終了まで。

----------------------------------------------------------------
09:00 mixiから発したサポーター行進イベント参加者4名、スタジアムに向かってフラッグを振りながら歩き始めるも、三連休最終日の市内には人がまばら。せめて適度に走る自動車のドライバーが気に止めてくれたら。幸い晴天に恵まれて絶好の観戦日より。忠節橋の上から覗いた長良川の澄み切った水が印象的。

10:00 スタジアム正門到着。開門一時間前にして運営ボランティア、サポが到着済み。開門を待ちながら情報交換をしつつ和気藹々。生気みなぎっている印象。きっと選手も適度な緊張感を保ちつつスタンバイしてくれているんだと思う。

11:00 開門。佐川急便サポ10名弱。開門と同時に門を通った岐阜サポは2、300名。メーンスタンド、バックスタンド、ゴール裏へと散っていく。いつものように弾幕の設営。佐川サポ、数枚の弾幕をバックスタンドとゴール裏の境付近に設置。確かにそこは遠近感も掴めて見やすいポジションではあるけれど、そこに弾幕張られると岐阜の弾幕を張る場所が不足します。次回対戦する機会があったらゴール裏へお願いしますm(_ミ_)m

12:00 選手もゴール裏もアップ開始。佐川サポ、トランペットを使用。しかも曲調はどちらかと言えば野球向け。ポ・ポ・ポ・ポ〜ンセ♪ポ・ポ・ポ・ポ〜ンセ♪ってな具合。

12:30 スタジアムDJによるメンバー紹介。御給匠(ごきゅうしょう)選手の紹介時には岐阜サポから計ったような大ブーイング。ちょっと笑えました。「今日のボールボーイは・・・」に対して佐川サポから「ボ〜ルボーイ!ボ〜ルボーイ!」コール。少ないながらもテンション高めです(笑)。
続いて岐阜のスタメン。ここ数試合固定されていたスタメンから大友、北村が外れて齋藤、吉田を起用。メンバー紹介を聞くからに守備的な布陣なのだが4-4-2にどうやって当てはめるのだろう?と試合が進むまで頭の中で色々と想像(※後に公式ページより対佐川急便戦用の5-4-1だったらしいと判明)。
いつも使用しているフォーメーションツールには残念ながら5バックは存在しなかったので手書き。


      相川
片桐          高木
    小島
       吉田

平岡 菊池 深津 齋藤 李
       日野

ベンチ:
GK海野、DF小峰、MF岩田、MF北村、MF大友、FWジョルジ、FW和多田

北村は軽めの怪我らしくベンチに名を連ね、怪我でしばらくスタンドでしかその姿を見られなかった小峰選手もベンチ入り。並びはかなり怪しいです。ご了承下さいm(_ミ_)m


13:00 キックオフ。佐川はきっちりとディフェンスラインで少ないタッチで的確にボールを回し、相手守備の隙を見つけては中に当てる。ディフェンスが寄せればバックラインに返す。サイドも広く使う。その間にトップが走り出してロングボールに対してポストプレーを試み、陣形が崩れたところに雪崩打って攻撃をしかけると言う戦術。これが徹底されている。
一方の岐阜、右サイドはいつもどおり機能するものの大友が居ない分だけ左サイドが多少雑。普段は平岡から大友、片桐、相川へグラウンダーでパスを出し、受け手が前を向く事から崩しを展開するひとつのパターンが機能せず。片桐が待って受けようとするとコースを切られ左サイドから中にボールが収まらない。仕方が無いので右サイドへサイドチェンジも佐川の右サイドが度々インターセプト。受け手の中に運動量の多い大友が居ない事がバランスを崩している。
久しぶりのスタメン起用の齋藤竜はセレッソ大阪、ザスパ草津で同じ釜の飯を喰った御給匠をマーク。ディフェンスに人数を割いた分だけ中盤から前線にかけての人数が足りず、セカンドボールへの寄せも悪い。

前半9分、岐阜の右サイドが切り込んで深い位置から早いクロス。抜け出した相川がヘッドで押し込んで先制。相川、ユニフォームの背番号を顔をクシャクシャにしてゴール裏へアピール。この先制点が佐川急便に火を点けたようで、相川のチャントが鳴り止まぬ内に岐阜ゴール前でチャンスを作られる。ここは冷静に対処(※後日判明したのだが先制点のアシストは平岡)。

先制点をとったものの相変わらず組み立てがパッとせず。中央、左サイドからの組み立てのパスはインターセプトされて高木、李に渡らない。前半20分、佐川は少ない手数で前線にボールを送り、岐阜の右サイド角度の無い位置から堀がグラウンダーのシュート。サイドネットを揺らす。やられたか・・・とサポが落胆している間に同じような位置から再び堀。日野のグローブをバチンと弾く音が静まり返ったスタジアムに響き渡るが、残念ながらゴールネットを揺らす。後期YKK.AP戦でもやられた動揺した直後の立て続けの失点。一度失点すると動揺が隠せなくて隙が出来てしまうFC岐阜。精神的に支えてくれるピッチレベルのリーダーが必要だ。

一方の岐阜もコーナーキックのチャンスにゴール前で押し込みを繰り返すが何故かゴール前に見えない壁のような物ができていてゴールを割れず。そのまま前半を終了。

後半に入って岐阜のベンチが動く。李を下げて大友、小島を下げてジョルジーニョとスクランブル体制に入るもセンターサークル付近でのパスミスでボールが小さくこぼれた所を必要最小限の手数で繋がれて、得点王御給に冷静に蹴りこまれて3-1。高木を下げて和多田投入、もはや中盤省略のロングボール頼りになるも押し込めずに試合終了のホイッスル。後半にも何度か惜しいシーンがあったのだがゴールネットを揺らせず。
posted by 流石 at 00:48 | TrackBack(0) | FC岐阜-2007-JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン