有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2008年01月30日

感謝の気持ち

1月29日発売の某週刊誌であるサッカー雑誌に「監督の履歴書」なる特集があった。当然FC岐阜の松永監督も載っているわけだけれど、目標のところに「岐阜県に夢を与える」とある。常々今西代表が口にしているこの言葉は決してマスコミ向け、或いは県民向けのリップサービスでは無く、この理念があってこそのクラブであると言う事だと思う。今西代表や松永監督をはじめとするクラブの殆どの関係者は岐阜県とは何の縁も無いはずなのに、本当にありがたい事だなと思った火曜の昼下がり。

http://www.gifu-np.co.jp/fc_gifu/news/20080127.htm

1月27日付けの岐阜新聞には松永監督が県内のジュニア指導者を集めて講習会を行っている。同日、森山選手、佐藤選手、新加入の嶋田選手、田村選手らで少年サッカー教室を開いている。移籍した途端にサッカー教室に駆り出される嶋田選手、田村選手は本当にお疲れ様ですm(_ミ_)m
まだ岐阜に来て時間も経っていなくて土地勘も無く、右も左もわからないと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

地道だけれどシーズンに入るとトップ選手はなかなか時間に融通がきかなくなるから、ぜひとも県内のあらゆる地域で小学生、中学生と触れ合う機会を増やして欲しい。そういえば菅選手は高知大の時に少年サッカーの指導員もしていたそうで、ご父兄(?)のブログにも別れを惜しむ言葉がある。そもそも今西代表は「FC岐阜の選手にはコーチのライセンスをとらせる。とらない選手にはペナルティを課す」みたいな発言もどこかに載ってたな・・・(笑)。選手にはどんどんライセンスをとってもらって育成の勉強をして貰い、県内外の少年少女に技術だとか精神を還元して貰えると本当に嬉しい。10年後にはFC岐阜の応援をする青年に成長するだろうし、地元選手の入団希望も増えるだろうし、岐阜県のサッカーのレベルの底上げができるし。

プロのスポーツ選手が岐阜県に何人も住んでいる。僕らが子供の頃は身近に住んでいるプロスポーツ選手と言えば競輪選手くらいだったのに(笑)。いい時代になったなあ・・・とおじさんは思う(苦笑)

そうそう、感謝の気持ちと言えば岐阜新聞様。毎日のようにFC岐阜の近況を伝えてくれてありがとうございますm(_ミ_)m
posted by 流石 at 03:42 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補強はいつ終わり?

2007年12月14日(金)に行いましたセレクションで合格しました、福岡大学のGK西田 信孝選手が、2008年シーズンよりFC岐阜へ新加入することが決まりましたことをお知らせいたします。

大分トリニータ所属のMF梅田 高志選手が、2008年シーズンよりFC岐阜へ期限付き移籍で加入することになりましたことをお知らせします。
移籍期間:2008年2月1日から2009年1月31日まで

これでもかこれでもかと言うくらいに新たな選手獲得の発表を繰り出す我らがFC岐阜。今西代表、松永監督のコネクションの恐ろしさを思い知る(苦笑)。一方、この春は森山コネクションは炸裂せず、てっきり名古屋グランパスから若手をレンタルするものだと思っていたのに一切の発表が無い。年末に名古屋グランパスのクラブハウスに挨拶に行ったのはレンタル移籍のお願いではなく、プレシーズンマッチのお願いだけだったのか。結果的に「敏腕広報」の林氏を獲得したわけだけれども。これが昨年の今西代表のように、FC岐阜の今年の最大の補強となるといいなあ。
実は梅田選手は元西濃運輸の選手だし、昨年の大分では高橋選手の成長のおかげで出場機会に恵まれなかったから、今年岐阜に加入してもおかしくはないなあ・・・と思っていたんですけれどね。このタイミングでレンタル移籍だとは思いませんでした。

補強は正直もうお腹一杯です。僕の脳内では浦和レッズばりに選手層が厚くなってきています(←言いすぎ・笑)。これ以上増やされるとJFL時代を戦った選手がかわいそうにさえ思えてきます。[F5]キーが陥没しそうです。FC岐阜関東サポーターのお仲間に「選手加入のお知らせ」メールを出すのも疲れてきました。そろそろ打ち止め宣言をお願いします。
そういえば鹿児島実業の川崎選手はどうなったんだろう。彼に関して言うならば1月29日発売のサッカーダイジェストでは加入扱いになっているのにオフィシャルでは一切の発表が無い。まだ明日あたりに発表があるのだろうか?

正直、自分の中でも整理できなくなってきているので「まとめ」以降に整理してみました。
posted by 流石 at 01:55 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

FC岐阜の一週間の動きを色々

ちょっとブログをサボっていましたのでこの一週間の流れを簡単に整理してみたいと思います。

21日(月)サンフレッチェ広島よりFW田村祐基選手、GK河野直人選手の入団が正式に発表されました。
個人的にはJ2を解雇になった選手はJ2で使えるかどうか・・・と思うのですが、2007年のJ1に参加したクラブを解雇になった選手はJ2でなら通用する可能性が高いと思っています。みんながみんなじゃないと思いますけれど。かと言ってアビスパ福岡から獲得した川島眞也選手が使えないと思っているわけではありません。一桁の背番号を背負うようですので、貴重な即戦力として考えられていると思います。


22日(火)和多田充寿選手、松田勉選手がFC刈谷へ、木村允彦選手がファジアーノ岡山への移籍が発表されました。

木村選手は随分早くに決まっていてファジアーノ岡山側では既に公式サイトで発表があった事項です。情報解禁日時の設定が甘かったのでしょうか。退団が決まっている選手の移籍先が決まる事は良い事です。少しでも早いタイミングで発表するべきではないのでしょうか。尚、ファジアーノ岡山には木村允彦選手の大学の後輩に当たる選手の新入団が決まっているようです。岐阜では輝けなかった選手ですが、もう一度頑張って欲しいと思います。

23日(水)FC岐阜の宮崎キャンプの概要が発表されました
キャンプ地は宮崎県西都市の清水台総合運動公園多目的広場。

多目的広場は普通の芝生広場に見えるのですが・・・(汗)。その隣にはサッカー場もあります。宮崎キャンプでは戦術を高めるとの松永監督のインタビューがありましたが、大丈夫でしょうか・・・。まあ貧しい国の子供達は一個のボールで練習するスポーツですからハングリー精神が鍛えられる!!と前向きに考えましょう(笑)。ちなみにここまで見学に行こうとすると、最寄駅から徒歩で2時間30分かかるようです。ハイ、諦めましょう。

24日(木)2008年のFC岐阜の日程が発表されました。
公式サイトにアップされたのは遅かったのですが、同日に平岡直起選手の引退会見もあって仕方の無い事だと諦めておりました。某所から入手できた年間日程を印刷し、仕事を抜け出して旅の予定を検討したのは私だけでは無いはず。今年も関東を中心に頑張ります!※FC岐阜が遠くで試合をしていて見られない場合、JFLのガイナーレ鳥取と流通経済大学を応援に行きます。それでも日程が合わない場合は町田ゼルビア、クラブドラゴンズ、厚木マーカスの関東一部リーグ。

25日(金)
・平岡直起選手引退会見の模様が公開
・横浜F・マリノスからMF吉村光示選手の入団が発表
・GK海野剛選手の移籍が発表
・FC岐阜Bチームの名称変更及び、入替戦の案内
・名古屋グランパスとのプレシーズンマッチの公式発表

どれもこれもマスコミに既にとりあげられていたり、本人がイベントで発表したり、自分のブログで公表したりしていましたので驚く事はそんなにありませんでした。あえて言うならFC岐阜Bチームの名称が「FC岐阜Second(セカンド)」に変更になった事でしょうか。これは単に名前が変わっただけでなく「FC岐阜」と言う組織と引き続き一緒に活動していく事を意味した名称なので大きな発表だと思います。セカンドって響きも悪くない。


この一週間の間に昨年の左サイドバックが二人抜ける事になりました。今年はディフェンスを中心に補強を進めているように思えますが、左サイドバックは誰がやるのでしょうか。そもそもサイドバックは世界的に見ても人材が不足しているポジション。右サイドは新加入の川島眞也選手がこなせそうですし、昨年のレギュラーの李成浩も居ます。何人か補強された中から左サイドへコンバートされる可能性もありますね。監督の信用も厚くて器用な足技がオーバーラップ時に攻撃に生かせそうな菊池完選手も十分ありえるかと思います。

きっと色んな選手を色んなポジションで試してる最中だと思いますが、その全体像がはっきりしそうなのは唯一のプレシーズンマッチ、名古屋グランパス戦でしょう。まだ一ヶ月も先の話ですが待ち遠しいです。

posted by 流石 at 04:38 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

平岡直起引退試合@関市グリーンフィールド中池

関市の中池と言えば、関市の中で唯一ブラックバスの居る池として子供の頃に通った記憶があります。また少年自然の家と言う野外学習の施設があり、小学校の高学年以降は毎年一回はここに宿泊したものでした。施設内にはアスレチック施設(※1)、高校野球の県予選にも使われる関市民球場、多目的広場、そしてラグビーの強豪校である関商工が主に使用するグリーンフィールド中池(サッカー・ラグビー専用スタジアム)などがあります。照明施設こそありませんが、かつて名古屋グランパスのサテライトも試合を行った球技場です。その施設を使ってFC岐阜の礎を作った選手、平岡直起の引退試合が行われます。

13時前。開始時刻にあわせて引退する平岡直起選手、FC岐阜から退団が決まっている齊藤竜選手、和多田充寿選手らが到着。サポーターも続々と集まってきます。急な開催にも関わらず最終的には200人程度のサポーター・関係者・選手の家族が集まったと思います。そして清水エスパルス時代のサポーターが数名、オレンジ色の弾幕を持ってはるばる岐阜まで来てくれました。

選手らはアップを始めます。受付ではゲームの参加希望を募り、まずは写真撮影。全てのサポーターがピッチに入ってスタンドに向かいます。スタンドには地元の写真館のオヤジ(※2)がカメラを構えます。シャッターが切られた後は平岡直起選手と子供の頃からのサッカー仲間、そして岐阜を退団する選手を中心に作られた「チームナオキ」とサッカー好きFC岐阜サポーター&女性子供チームで20分程度のミニゲームを4セット。

途中、大垣で午前練習を終えた選手が次々に会場に到着し「サッカーの上手い通りがかりのおっさん」と言う名目でプレイヤーに加わったりします。小峯選手「鼻水が止まらない」とか言いながら鼻血の時のように鼻栓をずっとしています(笑)。
普段は守護神としてゴールに張り付いている日野選手、フィールドプレーヤーとして参加してドリブルで素人相手にごぼう抜き。足技もさすがはプロサッカー選手と言えるだけのものでした。
和多田選手はチャンスを伺ってはロングスロー、キャノンシュートをガンガン放ちます。
FC岐阜の前監督である戸塚哲也さんも駆けつけ、現役時代を髣髴とさせる華麗な足技とパスワークで観客を魅了。
菊池完選手は松永監督に「チーム一の足技を持つ選手」と言わせた足技を披露。左サイドから凄いスピードでオーバーラップを見せたりもしました。今年はもしかしたらセンターバックでは無くて平岡直起が抜けた左サイド起用があるかも???
Bチームの山下光選手はゴール後に側転からバク宙のパフォーマンスを披露。
しかしこの日一番はしゃいで楽しんでいたのは齊藤竜選手。トップ下に位置してパスを受けると相手ゴール前までドリブルを仕掛け、そこで相手をあざ笑うかのようにボールを横へ転がしてディフェンスをもて遊び、リフティングからオーバーヘッドを見せてくれたりしてくれました。

img107.jpg

ミニゲームが終わったところでサッカー少年団との記念ゲーム。そしてその後の引退試合は退団メンバーと直起さんのお友達でできた「チームナオキ」対「FC岐阜(ほぼベストメンバー)」。この試合がスタンドのサポーターにとっての声出しはじめ。声を出して跳ねていつものようにコールを繰り出します。結果は3−1でチームナオキが勝利しました。

試合後は平岡選手をみんなで胴上げ。続いて齋藤竜選手を皆で胴上げ。竜のズボンがズルッと脱げました(笑)。その後スタンドに近いところで退団する選手から一言づつ言葉を貰いました。

既に発表されている選手以外で海野剛選手とBチームの山下光選手が退団するそうです。海野剛選手、和多田充寿選手はどこのクラブに行くかを発表。近々プレスリリースが出ると思うのでそれを待ってください。お二人とも岐阜からは比較的近い地域のクラブへの移籍です。他の選手もおおむね所属先は未定だけれど現役続行の意思表示。

しかしこの時初めて公にされた事実、齋藤竜選手が現役引退を報告。セレッソ大阪のジュニアクラスのコーチ就任が内定しているそうです。こちらもどの部門を担当されるかはプレスリリースをお待ち下さい。まだ若いから意外過ぎて悲しくなりました。ついこの前まで他のJFLクラブの練習に参加していると言う噂を聞いていたのに。そして平岡選手。現役を引退して指導者の道へ進むそうです。

平岡選手、齋藤選手。それぞれの道は違えどサッカー界に関わっていくと言う意思を表示されました。いつかまた、岐阜の地に戻ってきて子供達の育成や選手の育成に関わって欲しいものです。
木島選手、中尾選手、海野選手、田中選手、和多田選手。そして既に移籍先が決定している木村選手。帰国してしまったジョルジーニョ。それぞれ新天地での活躍を祈っています。

簡単なセレモニー終了後は選手の出待ちがさながらファン感謝デー状態。試合後よりサポーターの数が少ないからお目当ての選手からサインを貰う事もたやすくて(笑)
ってなわけで私はちゃっかり戸塚監督とお話をさせていただいたり、齋藤竜選手に握手をしていただきました。竜さん、また何処かで!

(※1)今はアスレチック施設があるかは責任がもてませんので調べてください
(※2)写真を撮ってくださった写真館のオヤジは私の小学校・中学校の卒業アルバムの写真を撮ってくれたオヤジでした(笑)
posted by 流石 at 06:14 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年FC岐阜始動

FC岐阜の補強状況が毎日気になっていたので、土曜の午前中に新幹線に飛び乗って19日(土)の始動を見に長良川まで日帰りの予定で出かけました。何を持って岐阜まで行こうかと考えたんですが、とりあえずノートパソコンとレプユニ、タオマフなどを持って。サイン貰おうかなーって思ってね。
img102.jpg

目的が目的だからお金は使わないケチケチ帰京にしようと思いましたが、写真の通り昼前から新幹線の中で焼酎とか飲んでるし(笑)。すっかり試合観戦気分で岐阜へ向かいます。ご飯食べてお酒飲んで程よく睡眠。名古屋から岐阜までJRに乗って岐阜駅からはとぼとぼ歩いて競技場へ向かいました。スタジアムが近くなるとワクワク感が違いますね。長良川にかかる忠節橋を渡り終える頃には自然と早足。14:20にスタジアムに到着しました。

いやいや、皆さん好きですねー。クソ寒いのに数社のマスコミと100人を越える練習見学の人達が(笑)。そのサポーターに向かって一列に整列、サンフレッチェ広島から新加入のGK河野選手が「今年も一年よろしくお願いいたします!」と大きな声でご挨拶。それに呼応するようにサポからFC岐阜コールが沸きあがります。ところで河野選手は身長がプロフィールの数字よりもあるように思えます。威圧感のあるゴールキーパーです。

練習内容はランニング、パス回しを中心に軽めの調整。学生以外の新加入選手も合流済み、32名(うちGK4名)で練習が行われました。主だった面々は昨年同様元気な姿を見せてくれていますが、新加入の薮田選手だけは別調整。去年の主力の中で退団が発表されていない中では松田勉選手、海野剛選手が見当たらないくらいです。2時間の練習の終了後にメーンスタンド前で松永監督の囲み取材です。森山選手のインタビューはロッカールームで行われたようです。

松永監督の囲み取材に聞き耳立てて聞いていましたが「チャンス、チャレンジ、チェンジ」の3つのCをスローガンに今季を戦っていくそうです。今年度の目標を設定しなおして10位においたそうです。年末の補強も何も決まっていない中で聞いた8位よりは現実的な目標だと思います。
また、シーズン開始前に名古屋グランパスとプレシーズンマッチを行うと監督の口から発表がありました。シーズンを迎えるに当たっては19日からの第一クールをフィジカル・新しい選手のコミュニケーションに費やし、二月に入ってから宮崎県で行う第二クールに練習試合をしながら戦術を組み立て、キャンプ後から開幕までの第三クールで調整を行うそうです。宮崎キャンプ中にはFC東京、アビスパ福岡、韓国の城南一和などとのTMが組まれる予定だとか。

ちなみに20日付の岐阜新聞の記事と、19日練習に使っていたビブスの色から、長身の川島選手の背番号は一ケタ台(つまりは即戦力と期待されている)と決まっている事も付け加えておきます。また公式発表はされていませんが、横浜F・マリノスを退団した吉村光示選手が契約に至ったそうで、この日から練習に参加したそうです。顔を知らないので確認できませんでしたが、吉村選手のブログにそのように書いてありました。

ところでこの練習が開始されると「平岡直起選手引退の話」がスタンドで出ました。同時刻に公式サイトでリリースされたのですが、昨年の最終ゴールを決めた平岡直起選手が引退を決意、翌20日にサポーター主催の引退記念イベントが行われるとの事です。引退試合も行われますが、それに前後してサポーターも選手と一緒になってピッチでボールを蹴れるとの事。会場が私の地元と言う事で、本日は東京へ日帰りする予定だったのですが予定を変更、実家に泊まって翌日参加する事にしました。ってゆーか、持ってきたレプユニとタオマフが選手の引退試合の為に使われるとは思っても見ませんでした。

二時間超の練習が終わる頃には今年一番の寒気が日本列島を襲い、出待ちをしてサインをねだる気力も失せて帰路に着くために岐阜駅へ向かいました。FC岐阜の選手・サポーターがご用達、JR岐阜駅前のラーメン屋「びったれ屋」で早めの夕食を済ませ、岐阜バスで実家へ帰りました。そして20日の引退試合へと続きます。
posted by 流石 at 04:45 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン