有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2008年04月28日

湘南ベルマーレ戦観戦記・・・前に横浜FC戦とその後の事

一週間経って書いておきたい事を思い出しました。エルゴラッソの採点も書いておきたいし、写真アップロードするの忘れたし(汗)。ってゆーか、書いたんだけれど消えたヨ。とほほ。


横浜FC戦試合終了後、いつものように出場しなかった選手がゴール裏の前を通って引き上げていきます。足をひきずり気味のコジが居ます。その後から若手の選手と一緒にやってきたのが2本の松葉杖を使って歩行している嶋田正吾選手。
JFLで2年連続ベストイレブンと言う結果を残して28歳と言う遅咲きのJリーグデビュー。開幕前から右サイドのスタメンを確保したものの数試合で怪我。彼の心情を想像すると何とも形容しがたいものがあります。思わず「焦らずに治せよ!」と声をかけてしまいました。それに対して嶋田選手は笑顔で応えてくれてホッとしました。

開幕前の各誌のライターさんのレビューを読むと「右サイドの嶋田、左サイドの高木がポジションチェンジを繰り返し・・・」と言うのが結構多く目に付きます。現在のスタメンは左と右の入れ替わりはありません。梅田選手には縦への突破とボールキープ、正確なクロスに秀でた技術がありますが、嶋田選手にも無尽蔵のスタミナと言う武器があります。
横浜FC戦では嘗てのチームメイトである御給選手との再会を楽しみにしていたんでは無いでしょうか。今度の水戸戦では堀選手との再会を楽しみにしていたんでは無いでしょうか。それを考えるとちょっと残念ではあります。残り2クールのどこかで出会えるよう、きっちり調整して欲しいです。何よりも攻撃的MFの控えとして嶋田や梅田、或いは和正がベンチで控えていてくれるなんて、こんな頼もしい事はありません。


gefura.jpg
この日はJリーグ入会して最初のゲーフラ祭り


nhk.jpg
NHK(?)の謎のキャラクターも出没

station.jpg
名鉄岐阜駅の階段には栄電社の広告がでかでかと「FC岐阜」をプッシュ


エルゴラッソの採点
---
GK 水谷 6.0
DF 吉村 6.5
DF 小峯 6.0
DF 川島 5.5
DF 奈須 6.0
MF 北村 5.5
MF 菅 6.0
MF 梅田 5.5
MF 高木 6.0
FW 片山 6.5
FW 片桐 6.0

MF 山田 -
FW 相川 -
FW 森山 -

監督 松永 6.0
---


試合終了後はいつものように夜行バスで東京へ帰京。新宿のネカフェでスラムダンクを読んだ後に仮眠をとり、13時のキックオフにあわせて武蔵野市陸上競技場へ移動。JFLの横河武蔵野FCvs佐川印刷を見てきました。
試合は後半立ち上がりに横河武蔵野FCのFW高橋選手がゴールを決めて1-0で横河武蔵野FCの勝ち。試合後に選手が戻ってくるところを待ち構えて林選手の鹵獲に成功、岐阜県出身の林選手に対して岐阜土産をあげると言ういたずらチックな事をやらかしました(苦笑)。「ガイナーレ戦はいいゴールでしたね」って話したら喜んでくれました。

横河武蔵野FCは第8節を終えた時点でリーグ首位に立ちました。そういえばFC岐阜は昨年の今頃、横河武蔵野FCのホームゲームを味の素スタジアムで戦いましたね。

posted by 流石 at 07:33 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

FC岐阜vs横浜FC観戦記

2008 J2 第8節 岐阜長良川競技場
FC岐阜2-3横浜FC
得点:片山(岐)、OG(横)、吉村(岐)、八田(横)、アンデルセン(横)

こう言っては横浜FCの皆さんにはアレなんですが手痛い敗戦になりました。勝てるとまでは言いませんが、勝ち点を奪える試合だったと思います。2-1になった時に和正がフリーで打ったミドルシュートがキーパーの正面に行かなければこの結果は変わっていたでしょう。と言っても和正を責めるわけじゃありませんけれどね。

試合全体を振り返ると、岐阜のサッカーはできているもののどこか雑な感じがありました。強風の影響があったのかもしれません。横浜FCの老獪な戦術がFC岐阜の攻撃のリズムを狂わせたのかもしれません。疲れがたまっていたのかもしれません。すっかり意識していなかったのですが、一年間とは言え昨年はJ1で戦ったチームに対して甘く見ていたのかもしれません。後味の悪い敗戦になってしまったので、全体は振り返りたくないなあ・・・。


この日、一日中曇りの天気予報で集客が心配されたのですが、キングカズ効果と池元効果、ビラ配り効果、そしてこれまでのFC岐阜の成績に対する県民の評価が数字で現れた形となって6,269人もの観客動員がありました。それに対応する為にスタジアム内のテント村はいつもより多めの出店がありましたね。個人的には「ひるがの牛乳」が懐かしかったです。岐阜のゴール裏にはドリンクと軽食のテントも出来ました。ハーフタイムだけだとメーンゲート前は人が溢れちゃって機会損失があったでしょうからいい傾向だと思います。

それからこの日はサポーター主体のゲーフラ祭りが開催。ゲーフラ職人もそうで無い人も腕によりをかけたゲーフラをたくさん掲げました。


試合前、ゲキサカなどの携帯サイトでは日野が先発メンバーに居ましたが、練習が始まると水谷と河野がキーパー練習をしています。スタメン発表も水谷が初先発。試合前に怪我でもしたのかな?と心配になりましたが後に集合場所に集まる途中で交通事故を起こした事を知ります。不幸中の幸いで加害者である日野本人、被害者である方も大きな怪我は無かった模様。
これを受けて開幕以来控えでベンチを温め続けた水谷が急遽ゴールマウスを守ります。

試合は川島の惜しいヘディングシュートから始まります。FC岐阜の最初の得点はガチャ。奈須のロングスローを受けてディフェンダー二人を背負いながらも反転、ディフェンスとゴールポスト、ゴールキーパーのわずかな隙を狙ってのテクニカルな先制点。この日午前中に入籍をした自らを祝うハッピーウエディングゴールとなりました。

その後相手のシュートの跳ね返りが運悪くFC岐阜の選手の足に当たりオウンゴールを献上。1-1で前半を終えます。

後半にはまたもや奈須のロングスローから吉村のヘディングで勝ち越し点。その後セットプレーから同点に追いつかれ、試合終了間際にアンデルセンのミドルシュートが決まって惜敗。


前向きな事を書きます。

長いシーズン、こんな負け方をする試合もありますよ。これも経験にしましょう。本当はメチャメチャ悔しくて、メチャメチャ脱力感に襲われた敗戦ですが、一日寝たら忘れましょう。それより次週からはじまる強烈なゴールデンウィークシリーズの事を考えましょう。

水谷は急な先発にも関わらずきっちりとゴールマウスを守りました。アツ(三浦淳宏)の強烈なミドルを二つも止めました。Jリーグデビューできて、J2で90分と言う経験を積めた事、これはFC岐阜にとっても本人にとっても大きな財産です。

お客さんがたくさん入りました。たくさんの人々の前で攻守の切り替えが早い素人にもわかりやすいサッカーを展開。きっと多くの人が「また行こう」と思ってくれたのでは無いでしょうか。最後まであきらめない姿勢、これも出せたと思います。

長良川競技場に用意されたスタジアムグルメ、概ねお客さんである横浜FCサポーターに好評だったようです。もちろんFC岐阜サポーターにも。こんなアシスト的な要素も「また長良川に行こう」と思わせるには大事だと思います。
(試合後、売れ残りで安くなった五平餅などを自棄食いした事は内緒・笑)


FC岐阜 (2008 J2第8節vs横浜FC)
片桐淳至 片山真人
高木和正梅田高志
北村隆二菅和範
奈須伸也吉村光示
小峯隆幸川島眞也
 水谷允俊 
GK河野、DF深津、MF山田、FW相川、FW森山


さあ、切り替えて次の戦いに備えよう!まだまだ混戦模様の今年のJ2。ひとつ負けたらひとつ勝てばいいのです。上位陣にくらいついて行こう!
第7節を終えての順位7位


posted by 流石 at 21:16 | TrackBack(1) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

密かに期待していたの

密かに期待していたの
少しだけ期待していたの
ちょっとだけ期待していたの
そんなシンデレラストーリーがあってもいいんじゃないかとね。


そぉ〜りぃ〜まぁ〜ちぃ〜〜〜〜!!

菅をオリンピック代表候補合宿に呼べよ(ぷんすか)!!
福岡戦で中村北斗見ていたのでしょう?
本番に呼んでくれなくてもいいから候補の合宿くらい呼べーーー!!


菅和範が招集されると
→露出増えて知名度あがる
→サポ増える・スポンサーも増える
→本人も合宿でもまれてさらに一皮剥ける

うーん、残念。今回の合宿に参加した中からオリンピック代表を選抜するようなので、今後他の選手がバタバタと怪我で倒れていかない限りは菅の招集はありえないのだろう。広島みたいに3人もスタメン級を引っ張られると非常に困るだろうけれど、好調の岐阜のダイナモを試して欲しかったなあ。


仕方ない。今のメンバーで先発固定できると前向きに考える事にしようか・・・。ってゆーか、このままだと菅選手は今年中にA契約の条件満たしそうだよね。
posted by 流石 at 20:40 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

アビスパ福岡戦の評価とユニフォーム

いつまでも前の週の栄光にしがみついては居られないのだが、載せ忘れてたので記載。今週月曜が休刊日で火曜発売のエルゴラッソの評価。

GK 日野 6.0
DF 吉村 6.0
DF 小峯 6.5
DF 川島 6.0
DF 奈須 6.0
MF 菅 6.5
MF 北村 6.0
MF 梅田 7.0
MF 高木 6.5
FW 片山 6.0
FW 片桐 7.5

DF 深津 6.0
MF 山田 -
FW 相川 -

監督 松永 7.0

---
翌水曜日発売分には今節のベストイレブンにFW片桐淳至選手、MF梅田高志選手、松永英機監督が選ばれている。松永監督、毎節のように選ばれている気がするなぁ・・・。今節のMVPには5得点中4得点に絡んだ片桐淳至。その名前が日本中に響き渡ったのは、高校サッカー選手権で準優勝、得点王に輝いたあの時以来じゃないだろうか?


ところで、その水曜発売分のエルゴラッソには携帯サイトで行われていたユニフォームコレクション「ゴラコレ08」の人気投票の結果が載っていた。FC岐阜はと言うと岐阜サポの支持率100%なのに対し、他サポから見たら支持率が低いらしく、その落差が33チーム中1位と言う不名誉な扱いになっていたorz
胸スポンサーが何かしら入っていたらまた違った結果になったと思うんだけれど。それとも濃緑と言うのが古いサッカーファンのアンチ魂を駆り立ててあかんのだろうか(苦笑)?

朝日新聞の特集によれば5月中にはレプユニを発売の予定らしいのだが、何をするにもお金がかかるのよね。レプユニをはじめとするグッズ類は全てクラブ買い取りになっているらしく、不良在庫を抱えないようにお金の工面が大変だそうだ。何が売れ筋か?どのくらい生産すれば適量の在庫ですむか?を考えながら発注していくらしい。とりあえず今までに発売したものの売れ行きは悪いらしい(苦笑)。タオマフはそれなりに売れていそうだけれどね。まずはレプユニを発売してくれた方が利幅も大きいのでは無いのだろうか?とも思うんだけれど。

ところでこの朝日新聞の特集、月一で毎回毎回「お金が無い」って言うネガティブキャンペーンばかり張ってくれて、福岡戦の大勝の模様は一切報じられていないんだけれど・・・悪意あり(苦笑)?

朝日新聞「月刊FC岐阜」
posted by 流石 at 18:41 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのデザイン変えてみた

「東京のサッカーの聖地」西ヶ丘競技場。僕の家から最寄の競技場です。と言っても足を踏み入れたのは今年の年初に川崎陽介選手(FC岐阜)を見に高校サッカー選手権に訪れただけなんだけれど。東京ヴェルディがJ2の去年には公式戦も開催されました。随分昔にはワールドカップの予選も行われた事があるらしい。
posted by 流石 at 18:03 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン