有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2008年05月02日

嬉しいお知らせ

試合の無い本日、嬉しいお知らせが2つ程ありましたのでご紹介させていただきます。

その1.湘南戦でのオウンゴールが川島眞也のゴールに修正されました

川島選手、今季初ゴールおめでとう!

自身のブログで「俺触ってます!」って言い張ってたもんね。その甲斐あってクラブが抗議してくれたのかな?湘南戦のゴールは全て湘南がとったなんてのは嫌だもんね。川島が触っていなければ梅田のゴールのはず・・・と思っていたんだよね。良かった☆

その2.愛媛戦には愛媛のマスコットキャラが来てくれるよ!

それは一人の大人気ない三十路男の無茶ぶりからはじまったのかもしれない・・・。思えばJ入会が決まって間もない2008年1月末、毎日のように発表されていた移籍情報も一段落して、さあキャンプだ、やれトレーニングマッチだ、グランパス戦だ、それ終わったらいよいよ開幕だ・・・と浮かれていた時期。今年のライバルとなる各クラブの情報を収集したり、どうやってアウェイに行ったらいいか調べていたりした時期。その収集した情報の中に「松山市の中村市長は公私共に愛媛FCの熱血サポ」と言うのがあった(多分J2用語の基礎知識を見た)。そして愛媛FCには「オ〜レ君」と言うマスコットキャラクターにあるまじき目つきのキャラクターと「たま媛ちゃん」と言う涎だかポンジュースだかを口から垂らした女の子キャラが居る事も知った(※もう一体伊予柑太と言うのが居るが着ぐるみは予算の関係で未だ無いとか)。オ〜レ君の目つき、たま媛ちゃんのキュートぶりにやられた三十路男はある行動に出る。

拝啓 松山市中村市長

私はこの度Jリーグに入会する事になりました、FC岐阜のサポーターをしている者です。松山市にもお邪魔させていただくと思います。どうぞよろしくお願いいたします。Jリーグの先輩として胸を貸していただきたく思います。

ご相談なんですが、Jの先輩としてロアッソ熊本のホーム及び、FC岐阜のホームでの対戦の折には、熊本・岐阜に対するご祝儀の意味で、貴クラブのマスコットキャラクターであるオ〜レ君やたま媛ちゃんを同行していただくと言う事はできないでしょうか。移動にお金がかかる事など承知の上でのご相談です。是非、中村市長の方からお伺い立てては貰えないでしょうか。もちろん、熱血サポーターと言う噂の中村市長にも来岐していただきたく。

どうぞよろしくお願いします。[三十路男の個人情報を記載]


うろ覚えだけれどこんな文章。これを松山市役所のホームページ内にある松山市長へのわくわくメールを使って投稿すると言う暴挙に出た。出しただけで満足していたのに、数日後の2月初頭に市長直々で丁寧なご回答を頂いた。ご回答いただいたメールを全文引用。

 わくわくメールをいただきありがとうございます。
 また、このたびはJリーグ昇格、まことにおめでとうございます。
 Jリーグ入会を歓迎いたしますとともに、良きライバルとして今後もよろしくお願いいたします。
 2006シーズンからJリーグ入りした愛媛FCは、松山市を活動拠点に、地域に密着したプロチームとして活躍しており、本市といたしましても青少年の健全育成をはじめ、地域密着型活動及びこれらと連携した地域振興方策として、愛媛FC支援について積極的に推進しているところであります。
 そこで、お尋ねの「愛媛FCの着ぐるみのアウェイ戦への派遣」につきましては、運営・管理等を愛媛FCで実施していることから、愛媛FC事務局に問い合わせたところ、次のように回答いただきましたので、ご報告いたします。
【愛媛FC事務局からの回答】
「愛媛FCの着ぐるみのアウェイ戦への派遣に関しましては、対戦相手チームとの調整、また、Jリーグ自体のルールの確認など、さまざまな調整等が必要になってくるかと思います。
 したがいまして、現段階で明確な回答は致しかねますが、前向きに検討していきたいと考えております。
 参考までに、2006・2007シーズン中におきまして、マスコットがアウェイ戦に参戦したことはありませんが、昨年の天皇杯では敵地で愛媛FCマスコットキャラクター「オ〜レくん&たま媛ちゃん」が観客席に登場し、会場を大いに沸かせました。
 そういった意味でも、スタジアムの盛り上げ、サポーターへのPRを今後とも考えていきたいと思っておりますので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。」


 待望のシーズンがまもなく開幕いたしますが、FC岐阜サポーターの皆様、お誘いあわせのうえ、ぜひニンジニアスタジアムにお出かけください。
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。



松山市長 中 村 時 広


正直、この返信をいただいただけでも感激です。四国随一の50万首長の座にありながら、松山市の選挙権も持たない東京在住の三十路男に対しての丁寧な回答。市長の座にありながらサッカー、強いてはスポーツを通じての青少年育成に対する考え方。そして本当に愛媛FC事務局へのお伺い。ここまでしていただいただけで感激していたのに、本当にお願いしたのが叶って、5月3日の愛媛FC戦にマスコットキャラが来てくれる事になった!


えーと、三十路男の後先考えないメールがきっかけになったかはわかりません。たまたま前節終了時に最下位に沈んだ愛媛FCをアウェイの地で鼓舞する為にやってくるのかもしれません。松山市内でパブリックビューイングがあるそうなので、その演出用に来るのかもしれません。ガソリン販売価格が高くなった為に近場で家族サービスができるよう、パブリックビューイングが行われるのかもしれません。ゴールデンウィークの特別な企画かもしれません。そうか、ゴールデンウィークだからオ〜レ君も旅行するのね?とかドキドキしつつも少なからず責任を感じている三十路男こと私、流石。

マスコットキャラクターは返信のメールにあるように基本的に他地域へは乗り込みません(※昨年の天皇杯は駒場に乗り込みました)。愛媛FCのフロントからFC岐阜のフロント或いはJリーグの方の確認と、本当ならやらなくても良い調整が発生し、尽力してくださった事と思います。また、キャラクター一体を岐阜へ運ぶのにも最低で万単位のお金がかかる事と思います。本当にありがとうございます。僕も心から喜んでいますが、岐阜のちびっ子も喜んでくれると思いますm(_ミ_)m

そんな松山市長と愛媛FCフロントの男気に答えて、アウェイの愛媛戦(6月8日)に遠征する事に決めました☆(←バカ)
それよりもまずは5月3日ですね。お土産の勝ち点は差し上げません!!

ちなみにオーレ君とたま媛ちゃんの画像はこちら

本日の教訓:何事も訴える事からはじまる

posted by 流石 at 02:51 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

水戸ホーリーホックvsFC岐阜観戦記

ゴールデンウィーク第2戦は「笠松グルメ」で有名な水戸戦。FC岐阜関東サポーターで新宿発・東京発の二手に別れてひたちなか市へ移動、ゴールデンウィークの渋滞にもさほど巻き込まれず、無事に笠松へ到着しました。団幕、大旗などの準備が終了すると皆一目散にグルメゾーンへ突撃(笑)。なぜに?スタジアムでパエリアだのスパゲッティだのが売っております。スイーツ(笑)まで売っております。
車中で噂になっていたねばねば丼は既に売り切れ。仕方が無いのでパエリアを頂きました。その後にあんころ餅もいただきました。ひとしきりお腹が一杯になったところで、串カツも一本頂きました。どれもこれも美味しかったです。次回、楽しみにしておりますm(_ミ_)m
長良川グルメに比べるとやや値段設定が高めなのかな?とも思いますがコストパフォーマンスは高いです。もっとお金持って空腹にしてこなければ・・・(笑)

スタジアムの方はと言うとゴール裏が芝生席。試合開始前には岐阜サポが寝転ぶ、人文字作る、滑りこむなど散々遊ばしていただきました。声出しの応援舞台はややバックスタンド寄りの椅子席に設置、芝生席には4本の旗振り隊。
美味しい食べ物と試合前にピッチで行われる小学生のサッカー。空が広い牧歌的な風景、洗脳するかのようなタイミングで繰り返し流れる「走れホーリーホック」。芝生に横になっていると眠りにいざなわれそうです。
studiam.jpg

いかんいかん、これでは相手の思うツボ。こちらの戦意をそぐ為の演出にまんまとやられているでは無いか!!と言うわけで本日のスタメン。
FC岐阜 (2008 J2第10節vs水戸ホーリーホック)
片桐淳至 森山泰行
高木和正梅田高志
北村隆二菅和範
奈須伸也吉村光示
菊池完深津康太
 日野優 
GK水谷、DF川島、MF岩田、FWカン、FW片山

前節のコミさん退場の影響で岐阜から非常召集の菊池が30歳にしてJリーグデビュー。センターバックの相方にはかつて水戸に在籍した深津。選手紹介では深津に対して水戸サポからも暖かい拍手を頂きました。さらにはチーム得点王の片山を控えに回し、ゴリさん初先発です。そして試合前の練習で照れながらボールボーイに徹する主将のコミさん(笑)

さて「ゴリさん先発で戦う魂を注入」思い切った松永采配は吉と出るか凶と出るか。
sapo.jpg


個人的に最初の見せ場だと思ったのはセンターバック菊池のオーバーラップ。ボールを奪取して目の前のスペースが開いていると思いきや豪快にゴール前まで走っていきます。預けたボールがうまく回っては来なかったですが凄く魅力的な攻撃です。

26分、左サイドを片桐の突破から小倉を髣髴とさせるヒールでのフェイント。フリーで中に折り返した所に走りこんできたゴリさんのスライディングシュート。昨年のJFLでは得点をあげていませんでしたから、公式戦では久しぶりの得点では無いでしょうか。戦う魂ここにあり!・・・ってゆーか半分以上は片桐の得点と言っても過言では無いな(笑)

その後前半終了間際に深津の目測の誤りからゴール前の荒田にボールが渡り、吉村のディフェンスをきれいに交して至近距離からのシュート。これには日野も反応できず、またもや完封勝利はお預けとなりましたorz

吉村は対面を攻め上がってくるFC岐阜の天敵、昨年は佐川急便に在籍した堀健人をがっちり押さえ込んでくれて仕事をさせません。これは大きかったと思います。
ryu.jpg
ハーフタイムショー前に挨拶に来てくれたマスコット


試合は後半に大きく動きます。55分、森山に変えてエース片山を投入。これによりリズムが生まれて終始FC岐阜のペースになります。76分には岐阜の右サイドのスローインから和正がセンタリングにガチャが落ちついてあわせてゴール。いつものように壊れる岐阜サポ、ゴールが決まると階段を下りてきて芝生席で肩を組んでチャントに合わせてラインダンス(笑)。仕込みが一切無しの自然発生です。芝生席だったからこそできたダンスです。
ロスタイムにも片桐の突破からガチャが流し込んでゴール。勝利を確信したこの一点にはラインダンスの人数は先程よりも増えてます(笑)

後半の水戸は攻めらしい攻めが無く全然失点すると言う恐怖がありませんでした。岐阜のフォアチェックも終始徹底し、良い攻撃に繋げられたと思います。
それよりもガチャ。この日の2得点で遂に得点ランキング首位に躍り出ました。いつも見ていて思ったのが、ガチャのシュートって殆ど枠に行くんですよね。枠に行かなくても大きくふかすような事って少ないですよね。少ないチャンスを決められるストライカー、今のFC岐阜にはガチャは欠かせない存在です。
そしてこの日も試合をコントロールしたのは片桐。2アシストを記録してJ2アシストランキングのトップをひた走ります。

ピタリ的中の松永采配、試合後にゴール裏へ挨拶に来た時にはトラメガで一言挨拶をしてくれました。ガチャも「次も勝ちましょう!」と約束してくれました。ええ、勝ちますとも。上位相手に引き分けるよりも大切な事は下位相手にきっちり勝つ事。この日の試合で次の対戦相手愛媛FCは最下位に転落しました。きっちりと勝ちましょう!
ちなみにこれまで最下位だったライバルのロアッソ熊本、ヴァンフォーレ甲府相手に殊勲の金星で最下位を脱出しました。おめでとう!

帰宅時には高速道路で事故渋滞に巻き込まれ、新宿到着が二時間近く遅れてしまいましたが新宿で祝勝会が行われました。
---
GK 日野 6.0
DF 吉村 6.0
DF 深津 5.5
DF 菊池 6.5
DF 奈須 6.0
MF 北村 6.0
MF 菅 6.0
MF 梅田 6.5
MF 高木 6.0
FW 片桐 6.5
FW 森山 6.5

DF 川島 -
MF 岩田 -
FW 片山 7.0

監督 松永 6.5
---

2008 J2 第10節 笠松公園運動場
水戸ホーリーホック1-3FC岐阜
得点:森山(岐)、荒田(水)、片山(岐)×2

第10節を終えての順位7位
posted by 流石 at 10:41 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南ベルマーレvsFC岐阜観戦記

ゴールデンウィークは連戦連戦で早く記事書かないと試合がどんどんやってきちゃう・・・と言うわけで既に一節遅れの湘南ベルマーレ戦です。FC岐阜試練の5連戦最終戦にして、過酷なゴールデンウィークシリーズ開幕戦。

湘南新宿ライナーに乗って平塚まで出かけました。平塚駅前にはスタジアムへのバス移動の方法もホームゲームの情報も丁寧に掲載されています。
siaimae.jpg

中田英寿を世界に送り出したクラブは地域密着のお手本です。
2008 J2 第9節 平塚競技場
湘南ベルマーレ4-2FC岐阜
得点:OG(岐)×2、石原(湘)、原(湘)、アジエル(湘)、加藤(湘)

今シーズンのFC岐阜の対戦相手の中ではじめて外国人助っ人を怖いと思えた試合、言うならば資金力の差を感じた試合でした(前節の横浜FC戦ではアンデルソンに点を決められていますが、全体を通してはそれほど怖いとは思えなかった)。右サイドのアジエルにボールが渡るとボールを前に進めながら湘南の波が動き出します。ケアに当たる為にFC岐阜の左サイドバック奈須のオーバーラップが控えめになってしまったと思います。

FC岐阜は開始早々シンプルな攻撃から先制されるも、アビスパ福岡戦を連想させるような短時間で2得点での反撃で一気に逆転。後にオウンゴールと判定されるものの、川島眞也の今季初ゴールかと思われました。事実、彼は自身のブログの中で「触っています」言ってますしね。オウンゴール2発ながらも前半をリードしたまま後半を迎えます。

後半に入るとFC岐阜のクリアミスから57分に原に決められて逆転。81分、原に変えて入ったリンコンとアジエルのコンビネーションからアジエルの逆転弾。89分には39歳加藤望のフリーキックがゴールに突き刺さりダメ押し。湘南の大津波が海無し県の岐阜を飲み込んだ試合になりました。

終了直前にはコミさんが一発レッドカード。次節水戸ホーリーホック戦は出場する事ができません。
FC岐阜 (2008 J2第9節vs湘南ベルマーレ)
片桐淳至 片山真人
高木和正梅田高志
北村隆二菅和範
奈須伸也吉村光示
小峯隆幸川島眞也
 日野優 
GK水谷、DF深津、MF岩田、FWカン、FW森山

---
GK 日野 5.0
DF 吉村 5.0
DF 小峯 4.5
DF 川島 5.5
DF 奈須 5.0
MF 北村 5.0
MF 菅 5.5
MF 梅田 6.0
MF 高木 5.5
FW 片山 6.0
FW 片桐 6.0

MF 岩田 -
FW カン -
FW 森山 -

監督 松永 5.5
---
エルゴラッソの採点においての一言コメントを見ると、湘南担当記者は片桐の事を「多彩なパス、鋭いパスはまるで中田英寿のように映った」とべた褒め。嬉しいけれどそりゃ言いすぎでしょ(笑)

FC岐阜は強豪相手の連敗をいい意味で次の試合に生かさなければなりません。そして悪い波に飲まれる事なく、ゴールデンウィークを乗り切らなければなりません。
思うに、この試合と前節、FC岐阜イレブンの足が止まり気味なのは、開幕前のトレーニングマッチが多すぎて、他のチームよりも早く疲労が蓄積してきているんでは無いか?と。ゴールデンウィークは過酷な連戦。しかも湘南戦と水戸戦の中二日は選手・スタッフは関東に滞在して調整します。次の試合に残さなければいいのですが・・・。

試合終了後にはFC岐阜サポで反省会の飲み会・・・じゃなくて水戸戦の前祝を平塚駅前の居酒屋で行いました。平塚駅には本日の試合結果が掲示されていました。
siaigo.jpg


P.S飲み会終了後に電車で寝てしまって終点の大宮まで行ってしまいました^^;

第7節を終えての順位9位
posted by 流石 at 09:19 | TrackBack(0) | FC岐阜-2008-J2 1st year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン