有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2010年10月29日

エルゴラスタメン予想@横浜FC戦

定期エントリのエルゴラスタメン予想。
    押谷
       嶋田
永芳         西川
    菅 池上

秋田 田中 吉本 村上
     野田

前節2失点と言えど、どちらもコーナーキックからの失点なので、
ディフェンスラインは前節のままかな?
もしくは、2点目でマークを外した村上を替えてくるか?
とは言え、サイドバックが続々と負傷してきているので、
無難に村上を起用する気がする。

ボランチは池上を先発させて来るのかな?
怪我をしていたとは言え、ここまでの彼を見ているとムラがあるように思える。

トップはいじって来ない気がするんだ。
洸一が前線で潰れ役をこなせるから、嶋田と押谷が生きるわけで、
いつも通り洸一が先発、試合の流れ次第で押谷、またはキドンが前線に入る気がする。

---
相手はセンターバックの早川が出場停止。
かわりにホベルトがセンターバックに入るようだけれど、
岐阜にとってはその方がやりやすいかな。
ボランチにブラジル人が居る試合を思い出すと、やられた試合しか思い浮かばない。

---
大変な天候の中のゲームになりそうだけれど、条件は相手も同じ。
ホーム力を発揮して欲しい。

…私は東京でお留守番です。

posted by 流石 at 12:14 | TrackBack(0) | FC岐阜-2010-J2 3rd year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

朴基棟

先日のファジアーノ岡山戦でJリーグ初得点を決めた朴基棟選手。
もともとドリブル突破には迫力があったし、
コンディションが良くなってコミュニケーションの問題が多少なりとも改善したのなら、
残りシーズンと来年以降の貴重な戦力になる。
そう思っています。

…だがしかし

たまたまググッて出て来たブログには、
韓国Kリーグのドラフトに登録されていました。
こちらはKリーグへの選手登録を希望する選手のリストなので、
キドン本人に帰国の希望があるって事でいいのかしらね。
とても残念。

或いは時期的な問題で、とりあえず登録したけれど、
今節に結果を出した事でFC岐阜との契約が延長に…なんて事があるのかもしれないのだけれど、
こちらに名前が挙がった以上は大きな期待はできないのかな。

---
<< MEMO >>
・韓国Kリーグは日本のプロ野球と同じく、新卒の選手はドラフトにかかる。
・新卒の選手は3年間KリーグでプレーするとFA権を手にする。
・自ら好きなクラブを選べない為卒業後にKリーグ入りをよしとせず、
 海外へ出るケースも少なくない→朴基棟のケース
・海外で5年プレーすると韓国内でのFA権を得られる。
・韓国にはそもそも24ヶ月以上の兵役義務が存在する。
・ドラフト制度自体が新しい為Kリーグ入りをしないでナショナルリーグ(2部)入りして
 動向を見極める選手も多い。

---
ざっと調べるとこんな感じ。


事情が変わって来年以降も居てくれると心強いのだけれど…。





posted by 流石 at 10:40 | TrackBack(1) | FC岐阜-2010-J2 3rd year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

J2も佳境

最近気がかりなのは11月7日にある柏戦。
ここ数節、柏さんの昇格への歩みのペースがゆっくりになって、
一ケ月前までは殆どが勝ち試合で一試合平均2.3の勝ち点を獲得していたのに、
第29節、第30節、第31節と勝ち無し。
おかげで第32節水戸ホーリーホック戦で昇格が決まるかな?と予測していたのがずれて、
第33節FC岐阜戦に決まる可能性が><

2位の甲府さんはどうかと言えばこちらも3試合勝ち無し。
歩みをスローモーにしたおかげで下手すると3位転落もありえる事態。
3位に転落したならば最終節まで昇格が決まらない可能性が大きい。
で、最終節の相手はどこかって言ったら、これまたFC岐阜ですよ><

そして現在3位の福岡。
こちらは勝ち負けがはっきりしているものの、
勝たなければならない格下相手にはきっちり勝ち点を積み上げてきています。
このままの勢いで2位の甲府をもとらえると、
最終節から2、3節前には昇格が決まるんじゃ無いですかね?
で、2、3節前はどこ?と言ったら11月23日にFC岐阜戦があったりするわけですよ><

---
そんなわけで、今年のFC岐阜はこのまま3チームの昇格を先送りにすると言う
大事な役目、言ってみればグランドスラム的なチャンスがあるわけですw
見送りじゃないですよ、先送り。
J2も佳境。強豪との戦いを楽しみましょう☆
同じ昇格争いをしている中で、
アビスパ福岡さんとジェフ千葉さんからは1勝させて貰っているので、
他のチームもフェアにしなきゃね☆

posted by 流石 at 06:00 | TrackBack(0) | FC岐阜-2010-J2 3rd year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

津山と岡山と熊本と

先週末はファジアーノ岡山との対戦の為に津山市に夜行バスで向かったのだけれど、
試合後にいくつか色々とあったので日記的な遠征記を。

まず、試合前にファジフーズで購入した食べ物。
ご当地のB級グルメ、津山ホルモンうどん
炭水化物のくせに米が欲しくなるピリ辛具合、B級と言う言葉に相応しいチープさが良かった。
一緒に買ったのはタココロッケ
これは僕には…ゲフンゲフン
181307335.jpg


試合終了後は選手バスを見送って、
サポーター仲間の運転する車で下道で移動。
スタジアムから駅前付近までの渋滞が酷かったね。
競技場自体は問題無いけれど、渋滞は地元の人に迷惑をかけたかもしれないね。
思ったより岐阜サポが来てたみたいだし。

津山駅を左手に見て、JR津山線と並走する国道をひたすら南下。
住所的に岡山市に入った辺りにある八幡温泉郷の建部町国際温泉会館で汗を流しました。
残念ながら日もとっぷり暮れていた為に景色は堪能できなかったのだけれど、
川の目の前にいい温泉が出ていて、値段もメチャメチャリーズナブル。

ここからさらに1時間程行くと岡山市の中心部。
繁華街のパーキングに車を停めて適当に歩いて入ったお店は
店長がファジアーノサポーターのお店。
大変繁盛していてゆっくりお話は出来なかったんだけれど、
美味しい食べ物・飲み物をいただきました。
また来年立ち寄れたらいいなと。
お店の名前は忘れたけれど、このあたりにあるお店。

181538752.jpg
生からすみとカツオの塩叩き


食事の後にサポーター仲間と別れて、
僕は高速バスを待つまでの間にもう一軒寄ろうかと適当に町を散策。
そこで見つけた一人でも入りやすそうなお店が岡山駅近くのもっこすさん。

名前とか気にしないで入ったんだけれど、入ってみたら熊本料理のお店でした。
テーブルの上には
x2_31f72c5.jpg
ロアッソ熊本の横断幕の写真


ご主人の手が空いた時に聞いてみたら、
ロアッソ熊本サポーターの岡山支部?岡山火の国会の会長さんのお店だったと言う…。
その一方で、岡山で頑張っているファジアーノ岡山の事も応援しているそうで、
両クラブの関係者も立ち寄るんだとか。
12時くらいになるとさすがにお客さんの数が減って色々なお話ができました。
熊本では食べなかった辛子レンコンを。
正直僕には辛すぎた。
181611741.jpg


で、僕の乗る高速バスなんですが。

もっこすさんでお食事中にバス会社から
「エンジントラブルが発生しました。本日出発できません」との連絡。
自分で寝坊するだとか乗り換えに失敗するハプニングはよくやらかしますが
こちらに全く非の無いハプニングは、
2007年11月のガイナーレ鳥取戦で京都駅前からの乗車予定の高速バスにおいて行かれた以来やね…。

そんなわけでバス会社には紳士的に対応していただき、
その日の宿泊先の手配と翌日の新幹線での移動が認められて全額バス会社で持ってくれるとの事で。
おかげでお店でゆっくりお酒を楽しみ、その後にホテルに移動。
ホテルも市内のビジネスが満室との事で、観光客向けのややお高そうなホテルへご案内☆
僕としては慣れてるからカプセルでもラブホテルでも寝れれば何でも良かったんだけれど。

---
ホテルの広い柔らかいベッドで無事に宿泊。
翌日ものんびりと朝出発して、新幹線で帰京、そして自宅へ。
新幹線は早いですね。岡山駅から3時間強で東京ですもん。
いつもの18きっぷだったら、終電間際になっちゃうんじゃないかな?

---
実は以前に熊本遠征で知り合ったロアッソサポーターさんが上京していると言う事で、
帰った日の夕方にお食事の予定を入れてあったんです。
そしたら彼が熊本出身のサッカー仲間を連れて来てくれまして、
台湾料理屋で会食いたしました。

その連れて来てくれたお友達は、
ブレイズ熊本の下部組織出身、現在ギラヴァンツ北九州の小森田選手と同期、
コンサドーレ札幌の高木純平選手の一コ上の学年だそうで。
そこで「秋田英義選手知ってる?」と聞いたら、
やはり在籍していた期間が被っていてご存じでした。

秋田選手はブレイズ熊本時代、金髪ヤンキーだったそうですw
なるほど、今の風貌を見れば納ゲフンゲフン…
ガイナーレ鳥取在籍時はロン毛だったらからね。
年も若ければ金髪にしていても不思議じゃないかw

札幌戦後にブログに書いたこの記事
高木純平選手がジュニアユース時代に秋田選手がトップチームに在籍し、
合同練習なんかは頻繁にあった為に接点があった事がひょんな事から確認できました。

---
秋田選手の地元に行って、岡山サポーター、熊本サポーターとお話し、
色々な美味しいものに出会えて、
最後は東京で秋田選手のエピソードを聞けたり。
僕の中では実りある2日間でした☆



posted by 流石 at 15:00 | TrackBack(0) | 遠征旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイナーレ鳥取、最速で優勝を決める

ファジアーノ岡山-FC岐阜が津山市で開催されたその翌日、
そう遠く離れていない米子でガイナーレ鳥取が優勝を決めた。
JFLの歴史の中では史上最速らしい。

ガイナーレ鳥取、おめでとうございます。

この津山遠征前後にハマると思っていたので、
津山か鳥取に宿泊してハシゴ観戦を考えたりもしたのだけれど、
いかんせん、鳥取から東京へ帰る選択肢が飛行機くらいしか無かったものだから断念したのだ…。
と言う事で、3年前の(勝手に)約束通り、
2011年は早くも鳥取遠征内定、岐阜サポが祝勝会を開いたこうりん坊さんへまた行けるのだ。
せっかくだから宿泊も前回と同じ宿に泊ろうか。

…などと当の鳥取サポーターより浮かれてちゃいけない。

---
町田ゼルビアがJリーグからダメだしを食らってその後の動きが殆ど感じられない事から、
来年の昇格チームはガイナーレ鳥取だけかな?と思っていたら、
前期は下位に低迷していた松本山雅が猛烈な追い上げで現在5位まで浮上、
この週末には4位のHondaFCを直接対決で降し、勝ち点差を詰めた。
残り5試合で勝ち点が逆転すれば当然松本も昇格できるわけだけれど、
そのまた下で来期以降のJ参入を狙う長崎、秋田、琉球あたりが僅差で詰めているので、
残り5試合のうち1試合でも負けたら、その時点で難しくなるかな…と言うのが本音。

しかしFC岐阜がそうだったように、
最終節直前まで4位5位をさまよっていたチームでも、
34試合目が終ったその時に4位以内にいれば問題無い。
FC岐阜の場合、後期11節は東総でジェフリザーブズに2-1での勝利は8月のFC琉球戦以来、
後期12節は美作で三菱水島FCと対戦し3-2で再逆転して勝利。
この時点でようやく5位から4位へ再浮上。

13節○ 仙台
14節△ 秋田
15節○ 鳥取
16節● 急便
17節○ 高崎

あとは何とか帳尻合わせた(キリッ

しかしJFLを盛り上げる為にもう一年居て貰った方がいいかと。
J2サポ的には偶数チームでのゲーム開催の方がありがたいと言うのが本音なので、
どうぞJFLでごゆるりと…


posted by 流石 at 01:00 | TrackBack(0) | FC岐阜以外のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。