有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2010年09月27日

こんなひとコマ

昨日の試合後のちょっとしたエピソード。

普通、試合が終了したら選手が整列して挨拶、
その後にそれぞれのサポーターの方に来て挨拶をする。
FC岐阜の選手らもアウェイ側のスタンドの方に、
コンサドーレ札幌の選手はバックスタンド側に最初に挨拶に向かった。
しかし、FC岐阜の選手のユニフォームに交じって、赤黒のユニフォームを着た選手が一人。
しきりに秋田英義選手に話しかけている。

あれれ?試合中の接触プレーか何かで試合が終ってもいちゃもんつけてるのかな?

なんて注視していたのだけれど、秋田選手からは笑顔が見える。

そして今日、その事をふと思い出して、ちょっと調べてみた。
多分話しかけていたのは高木純平選手。
彼は幼少期に九州リーグだったブレイズ熊本の下部組織で育っていた。
ちょうどその時、秋田英義選手はブレイズ熊本に所属。
その時の事を話題に話しかけていたのかな?

Wikipediaの記録によると高木純平選手は1982年生まれ、清水エスパルスジュニアユース出身。
中学校時代に転校し、
清水エスパルスジュニアユースに所属する前はブレイズ熊本でサッカーを始めている。
何年生の時に転校したのかわからないけれど、1995年は彼が中学校一年生で、
秋田英義選手がブレイズ熊本に参加した年。
元名古屋グランパスの選手が九州リーグに来たのだから、
さぞかし力はずば抜けていたのだろう。

そんなこんなでWikipediaのブレイズ熊本の項を見ていたら、
高木純平選手のひとつ上には現在ギラヴァンツ北九州の小森田友明選手が居て、
彼は高校に入る前までブレイズ熊本でサッカーをしていたようだから、
やっぱり接触はあるんだろうね。

秋田選手が長くサッカーを続けているからこそ、
こんな人脈ができるんだろうね。
posted by 流石 at 12:42 | TrackBack(0) | FC岐阜-2010-J2 3rd year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163903106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン