有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2011年12月20日

筑波大vs中京大@古河

延長・PKがある事なんて考えてなかったよ。
試合が終わったら速攻で駅へ戻り、
大宮のHUBまで行って柏戦に間に合うと思っていたのに(o゚ω゚o)

475015762.jpg

そんなわけで第2試合。
ご存知すぎるくらいに今年観戦した筑波大。
しかし10月の天皇杯鹿島アントラーズ戦以降、ぴりっとしない戦いが続く。
風間八宏監督も怪我で離脱中の石神幸征、玉城峻吾の穴埋めになるメンバーをとっかえひっかえ。
しかしリーグ戦序盤〜中盤に比べてディフェンスが落ち着かない、得点力も無い。

一方の中京大は元FC岐阜の須崎恭平が進学した大学。
そして昨年度の準優勝校。

第2試合
筑波大 - 中京大

筑波の布陣は次のような感じ。
    赤崎
上村       曽我
    八反田

   車屋 谷口

山越 今井 古谷 田代

    三浦

この先、試合の流れの中でポジションは次々と変わっていく。
ディフェンシブなポジションならどこでもおまかせの谷口、
中盤・前線ならどこでもこなすアタッカー上村、
前から後ろまでどこでもOKの車屋が居るが故に出来る芸当だけれど、
彼らが有能な便利屋だったが上にポジション固定ができなかったのかもしれない。

試合開始からボールを支配したのは筑波。
それに対して中京は中盤でブロックを作り、最終ラインで人につく。
中盤、ゴール前での筑波のミスを誘い、奪ったボールは手早く前線へ。
決して速いとは言えないカウンターだが、シュート意識は高い。
前半からポゼッションの筑波、シュートの中京と言う構図ができあがる。
前半30分、左サイドから上げたクロスを中央で藤牧祥吾がボールコントロールして
落ち着いて流し込んで中京が先制。
そのまま前半は終了する。

後半に入っても流れは変わらず。
むしろ前半よりもポゼッションが高まった筑波、前半よりも積極的にシュートを放った中京。
決定的な崩しができない筑波。
しかし、リーグ戦終盤よりは噛み合っているように見える。
だからこそ風間監督も交代枠を使い辛かったんだろう。

気がつけば車屋はトップ下に入り、八反田がボランチの一角へ。
本来の位置、右サイドに上村、左サイドに曽我。
ますます支配力は高まるものの、
一度ボールを奪われて中京の前線にボールが渡った時の対応がドタバタ。
後半30分、中京は攻撃の選手を入れ替え、追加点をとりに出る。
その結果が40分に。
右クロスを藤牧祥吾があわせて2点目。
ようやく筑波ベンチが動き、DF古谷を下げてFW瀬沼を投入、
谷口ら大型の選手も前へあげて後ろからロングボールを放り込むパワープレーに出る。
しかし得点は動かず。

中京大・西ヶ谷監督の作戦勝ち。
一方の筑波大・風間監督、監督就任4年目は無冠に終わった。

今年の筑波大、10試合くらいは見たのかな?
勝っていても負けていても、ベンチに7人居る控えの中から決まった選手しか出てこない。
結果的に交代枠を残して試合を終了している事が多い。
恐らく、監督が求めるレベルに達していない選手が多いのでは無いだろうか。
故に固定されたメンバーと3、4人の決まった選手しか出て来なかった。

シーズン序盤はセンターバックに苦慮し、
結果的に車屋、古谷に落ち着いた。
右サイドバック石神が怪我で離脱したのが痛かった。
代わりにポジションをとったのはセンターバック争いをしていた田代。
彼を攻めるわけでは無いけれど、
石神の追い込むようなしつこいディフェンスがあれば、
1点目は右からあげさせなかったかもしれない。
右サイドに居るボランチ、八反田はもっと攻撃に専念できただろう。
200人近く居る部員の中で監督の意に沿った動きができるのは十数名だった。
シーズン終盤に入って石神とトップ下の玉城が怪我で離脱、
その後は日替わりで選手とポジションが入れ替わったが、
2人の穴を埋めることができなかった。

475083869.jpg

筑波大 0-2 中京大
心配していた通り、2011年の筑波大は1回戦敗退。
今年はここ数年で最高のメンバーが揃ったと感じていたし、
ずっと見てきていただけに本当に残念。
試合が終わって、仲間のところに挨拶に行き、
頭を下げたままいつまでも顔を上げられなかったGK三浦を見ているとこちらまで泣けてきた。

三浦はいいGKだからどこかのJリーグチームで採用して欲しいな。
ゴールキーパーを契約満了にしたJ2チームとかどうかな(チラッチラッ

ともあれ4年生の公式戦はこれが最後。
お疲れ様でした。
卒業する中で来年のJ2入りが決まっているのは石神幸征。
今年のメンバーの中で彼の守備職人的なプレーが一番好きでした。
残念ながら染矢や地主園では抜けんと思うよ('A`)
だから水戸と当たる時は水戸の左サイドから攻めよう。


その他の試合結果は予想通りその他の関東代表の3校は勝ち抜け。
次週23日の準々決勝は1回戦で9点とった専修大を見に夢の島に集う人が多そうだから、
へそまがりな僕はあえて北関東に旅立ちますヽ(゚Д゚)ノ


posted by 流石 at 00:40 | TrackBack(0) | FC岐阜以外のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。