有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2013年04月08日

シーズンの6分の1が終了したのに未だ得点がありません

ストライカー不在がこんなに顕著に結果に響いてくるとはね…と言う2013年シーズン、
あけましておめでとうございました。

ここまでの全試合を現地観戦しているけれど、
来週水曜日の平日開催には行けないので、遅くなったけれどここまでのまとめ。

■PSM(vs京都サンガ戦@長良川、0-0のスコアレスドロー)
益山、服部、ハンジェの3ボランチでゲームはスタートも
試合中のアクシデントで服部が怪我で交替。
益山のユーティリティさに助けられた。
180cmのボランチと言うのは日本人選手としては身長がある方なので、
サイドからのクロスには頑張ってゴール前まで走って貰って高さで勝負して欲しい。
デズモンド+関田はコミュニケーションさえとれれば機能する。
前半に見せた左サイドからの尾泉、益山が放ったサイドチェンジが良かった。


■第1節(vs横浜FC戦@長良川、0-2で敗戦)
服部を怪我で欠いた為に4−4−2(4−2−3−1?)でスタート。
60分過ぎまでスコアレスで粘るものの、
相性の悪い田原豊が入った途端に立て続けに2失点。
この2試合で益山が予想以上に使える選手だと感じた。
そして、シーズン前から懸念していたけれど、計算できる本職ボランチが少ない。


■第2節(vsヴィッセル神戸戦@ノエスタ、4-0で敗戦)
はじめてのヴィッセル神戸との公式戦は雨が冷たくて事前設営中に屋根が閉じる。
田代のきれいなボレーにはじまり4点を献上。
清本が途中交替でデビューし、アタッカーとしては可能性を感じさせたが、
今はまだジョーカーの扱いなんだろう。
と言う事は、守備は計算できないのか、或いはスタミナに難があるのか?
PKをとられるが時久大明神がストップ。


■第3節(vsザスパクサツ群馬戦@長良川、0-0でスコアレスドロー)
熊林も島田も松下も居ないから今までのザスパ草津よりも気が楽だった。
試合は終始圧倒したけれど、決めきれず。
ここで勝っておく事ができれば選手もサポーターも気が楽になったのに。
前節の大敗を受けて右サイドバックに田中を起用、杉山を一枚前へ。
右サイドを守備的にシフト。
この試合で頼みの井上平が負傷交替。
野垣内は計算できる出来。


■第4節(vs愛媛FC戦@ニンジニアスタジアム、0-0でスコアレスドロー)
10試合やったら9試合まで試合が咬み合わない凡戦になる愛媛FC戦。
この日はまだ噛み合ってたし、熱かったのだけれど、中継ではそうは見えなかったとか。
現地では熱かったけれど、中継を通したら面白くなかったって事が稀にあるんだけれど、
中継スタッフの力量なのか、アナウンサーが退屈なのが原因か?
時久大明神、この試合で2本のPKを止める。
審判のジャッジがどうかはともかく、PK与えすぎや。
そしてハンジェが退場。結果的にアウェイで勝ち点1は悪くない。


■第5節(vs徳島ヴォルティス戦@長良川、0-1で敗戦)
秘密兵器のNo.9を初先発。
しかしレギュラーボランチ2枚を欠いて前半はまるで駄目。
岐阜の右サイドのカバーの為に杉山が下がり気味で5バック気味になりバランスが崩れる。
そして集中力を切らして右サイドからクロスをあげられヘディングで先制を許す。
後半開始早々、ファビオが2枚目のイエローを貰って退場後、チームがようやく機能。
何の因果なんだろう?サッカーは面白い。


■第6節(vs東京ヴェルディ戦@味スタ、3-0で敗戦)
ベストコンディションでは無いのだろうけれどこの日から服部が復帰。
守備陣のスタメンは固定されてきたが、田中がまだ右サイドに慣れていない感じ。
しかし今組める最もベストに近い布陣なんだろう。
高原、常盤、西にどれもこれもきれいなシュートを決められて未勝利ダービーで散り、
1勝では順位に変動が無い最下位へ。
2007年のJFL時代から続く帝都東京での公式戦未勝利記録も更新。
今年は都内での試合はもう無いから、来季に雪辱だな。
この試合ではデズモンドが退場。


■第7節(vs京都サンガ戦@長良川、0-3で敗戦)
ここに復帰を目標にしていた井上、染矢、関田も練習中に負傷欠場。
完成した笠松町の岐阜県フットボールセンターの人工芝のせいだとは思わない。
しかし、この状況でもベンチ枠に絡んでこれないフィールドプレーヤーは自戒が必要。
と思ってメンバーを見比べたら、この日怪我以外でベンチ入りできなかった
フィールドプレーヤーFW杉本だけ。
非常事態過ぎる。

前半の出来は可能性を感じられた。
左サイドの染矢が居ない事が怪我の功名か、
右サイドの新が中でボールに絡む回数が多かったように感る。
1点目を決められてからは相手のターンに。
新もガス欠して交替投入したファビオが機能せず、中島も運動量が落ちては為す術無し。
遂に時久大明神、PKを決められ、最後は綺麗に崩されて2試合連続の3失点敗退。
そして、この試合では野垣内が負傷退場。

---

7試合を終えてシーズンの6分の1が終了。
勝ち試合どころか得点が無いから今季のベストゲームは未だ無し。
ワーストゲームは全ての負け試合と、勝てる流れで勝てなかったザスパクサツ群馬戦。
怪我人も多いけれど、退場も多い。
退場が多いと言う事は判断スピードが遅れて
結果的にアフターチャージに繋がるケースが多いと言う事だから、
判断力を上げる為のトレーニングを集中的に積んで欲しい。

---

6年目に入ったJリーグ生活、これまでに何回現地で勝利を見たかな?
何回負け試合を見たかな?なんてふと思ったのだけれど、
過去の記録を突き合わせると醜い事になるでしょうからやめておきます( ー`дー´)

さて、ここまで淡々と色々と書いたけれど
相変わらず現地で声を張り上げて応援していくわけですよ。
本当はまだまだクラブに対して言いたい事もあるんだけれど、
環境的な問題があって自分の中で整理できていない。
そして今は試合を観るだけで精一杯な感じで仕事が溜まってきている。
言いたい事はおいおい整理して出していく。

一言あるとすれば、株式会社岐阜フットボールクラブは一企業なのだから、
もっとお客さんは積極的にクレームを入れなきゃ会社として育たないんだよね。
あのクラブだから、あの会社だから仕方ないと
付き合いが長い程仕方ないと思っちゃっているんだけれど、
クラブを企業として育てる為には悪い事は悪いと言わないといけない。
いつまでも2000人程度の固定客だけを相手にやっていくわけにはいかないでしょ?

---

話は変わってチームのサポーターって、
勝った負けたでそんな簡単に止められるもんじゃないでしょ?
「勝ち試合が見られないからサポーター止めます」
「弱いからもう二度と見に行かない」
なんて言葉を見かける事があるけれど、そりゃあれだ。
僕に言わせりゃあなたは最初からサポーターでもなんでもないね。
勝ち馬に乗りたいだけの卑怯者だわ(´エ`)

---

などと悶々と思っていた事を明後日の方角に向かって久しぶりに記事を起こした。

さて、勝利への執着を見せる為に、次の試合もその次の試合もそのまた次の試合も、
時間とお金が許す限り自称サポーターはスタジアムに押しかけろ(`・ω・´)ゞ

来る4月14日(日)の松本山雅戦には、東京からツアーバスを出します(赤字必至)
詳しくはこちら
ツアーの幹事は私。
今のままだといくらか幹事が自腹を切る事になりそうなので、
もう2人程度の応募が無いかお財布のお札数えながら待ってる( ー`дー´)
学割有りの明朗会計で、収支報告書は同ブログに掲載予定。
東京から最もお安い方法でアルウィンに向かうよりも
お得になる試算でやってますんでぜひ参加して下さい。
アルウィンでFC岐阜の勝利を観られる確率は、
あなたがtoto BIGで1等あてる確率よりは高いはず。
そして、シーズン初得点の確率はもっと高い。
一緒に目の当たりにしよう!(`・ω・´)ゞ

---

得点がとれないからと言って
契約満了したFWを切らなきゃ良かったと泣き言言っても何も始まらない。
そんな過去に生きても仕方ない。
例え悪いけれど、死んだ子の年を数えても生き返らないのだ。
今居るメンバーを信じて応援しよう(`・ω・´)

http://www.at-s.com/sports/detail/618039067.html

清水エスパルスからFW樋口が再びレンタルされてくるみたいだしね。
今年から変わったレンタル移籍に関する新規約の適用の最初の例になるね。

---

久しぶりすぎてブログの書き方忘れてるよ(ヽ'ω`)



posted by 流石 at 16:18 | TrackBack(0) | FC岐阜-2013-J2 6th year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。