有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2007年04月16日

13/ザメッティ

テレビCMで度々宣伝されていた映画『13/ザメッティ』を渋谷で見てきた。

観る機会の無いグルジアの映画で簡単にあらすじを紹介すると、ひょんな事から大金を得るチャンスを得た主人公が行った先は非合法賭博の場。主人公ら13人が賭けの対象となり、ルシアンルーレットを順次行い、最後まで残った者が命と大金を手に入れると言うあらすじ。主人公はそうとは知らず賭けの対象になりに現地に赴き、銃の引き金を引く羽目になる。幸か不幸か、1ゲーム目、2ゲーム目と人を殺さず、自分も殺されずにゲームは進んでいくが、最終的に主人公のひいた引き金は相手の頭をぶちぬき、優勝して大金を掴む事に成功するが、その道徳心からの葛藤や警察からの追っ手におびえ、最後には賭博の敗者から命を奪われると言うバッドエンド。貧富の差が大きな国で行われていそうな闇賭博のストーリーである。ってゆーか、賭博黙示録−カイジ−を思い浮かべるストーリー。

モノクロ映画でストーリーが進む中、本題のルシアンルーレットに入るまでの複線となる映画の前半が無駄に長くてけだるい。映画全体は割と短いストーリーに収まっていたので、いっその事前半も大幅に省略して本題の部分をもっとクローズアップしても良かったように思えた。ハリウッドでのリメイクが決まっているそうなので、その辺のバランスには期待。

それから、2回目以降のルシアンルーレットの結果はどう考えても主人公が殺されるとは思えず、ドキドキ感が半減してしまって勿体無い。主人公のトリガーが相手を殺すドキドキ感はそこなわれないのだけれど。

いまいち焦点がぼやけた映画。

★★☆☆☆

13/ザメッティ
posted by 流石 at 14:42 | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン