有志にて長良川競技場周辺の駐車場情報を共有しています。
携帯からもパソコンからもアクセスできますのでご利用ください。
[New]みんなで作るリアルタイム駐車場情報


2016年07月23日

ラモス監督解任にあたって

2年半のラモス政権のFC岐阜が終わったのでツラツラと1年ぶりに。久しぶりすぎてブログのパスワード忘れちゃったよ。

---

思い返して見ると250名のマスメディアが岐阜に押しかけたと言う就任時のバカ騒ぎがつい最近の出来事のような気さえする。

就任1年目、2014年は代表・読売・ヴェルディのレジェンドの久しぶりの監督就任と言う事と、ワールドカップ開催年と言う事もあってメディアの取り上げ方も大きかった。試合を終えた後に東京のスタジオに移動してか、次の日の生放送で見かけると言う事も。その甲斐もあってかスタジアムにお客さんが増えたし、初めて生でFC岐阜を見たと言う岐阜県民も多いんじゃないかな?と思う。平均観客動員も大きく増えた。しかし、成績は満足の行くものでは無かったし、芸能や個人的な事業を断ってでも、チーム作りに注力して欲しかった。

近くで見る事ができる有名人に対して2年目は飽きられたのか、平均観客動員も大きく落とす一方、成績もギリギリJ2残留。6失点したり、3点差を後半40分からひっくり返されたりとストレスのたまる試合が多かったし、シーズン終盤は4試合勝ち無しのままシーズン終了を迎えた。普通のマネジメント感覚であれば、3年目の契約を破棄してでも監督を交替するのだろうが。

そして3年目。2試合続けて0-4の敗戦で迎えたシーズン。第3節・第4節あたりも落としていたら、その時点での解任もあったんじゃないかな?と思うのだけれど、持ち前の運の強さで4連勝してしまい、一度は一桁順位を睨む位置につける。しかしここ数試合は決して上位では無い相手に5連敗。気がつけば最下位の足音が聞こえて来た。致し方なし。





今季、開幕当初は一桁順位が見えながらも、シーズンの半分を終えたら最下位との勝ち点差が数えるほどしか無くなってきた。特にこの数試合は下位との落とせない試合、勝ちを拾えそうな試合の大半を落としてきた中で、解任はやむを得ないと思う。本来であれば昨年の末に解任になっていてもおかしくは無い成績だったが、クラブが契約を継続した以上は前向きに応援してきたつもりだ。監督交替は遅すぎれば遅すぎるほど立て直しが効かなくなると言うもの。この先の結果はどうあれ、宮田社長のご英断を支持したい。

2013年12月に就任内定が出て、川口能活、三都主アレサンドロと言った有名選手を招聘する事により、岐阜県民に賑わいの創生とサッカーに対する関心、スポーツ観戦をするきっかけを提供してくれたラモス前監督には感謝。しかし、プロは結果が全て。昨年4月1日の大分での試合後、サポーターと監督が口論になった時も監督は「プロをなめるんじゃない!」と言う主旨の事をおっしゃったが、結果がでなくて解任されるのもプロだからこそ。残された選手はプロ選手としての責務を果たせるよう前向きにプレーしてくれると思うので、僕らも気持ちを切り替えて、またスタジアムに足を運んでより一層応援したい。惜しむべきは、行き当たりばったりの補強を繰り返す中で、戦術的成長がなかった事か。

積み上げが少ないまま、僕らは年を重ねていく。
でも僕は、監督が変わろうが選手が変わろうが性懲りもなく飛行機に乗る( ー`дー´)



posted by 流石 at 12:00 | TrackBack(0) | FC岐阜-2016-J2 9th year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440319981

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ  にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ  blogram投票ボタン